【最新の投稿!】

2. これってモラハラ?

「子供の夜泣き」に怒鳴ってしまうアホ夫への3つの対処法!

投稿日:

『うるせ~な‼︎』『黙れ‼︎』

子供の夜泣きで夫が怒鳴る、、、辛すぎますね。

泣き叫ぶ子供と、泣きやませない妻に、怒り爆発な夫。

 

彼らは、子育ては他人事。そして自分のことしか愛せない人間なのです。

ただでさえ、何をしても泣き止まない子供を前に心折れそうなのに、一番助けてほしい人に、助けるどころか奈落の底に突き落とされる行為。

当然、子どもは余計泣き叫びます。悪循環しか生まれません。私は、殺意すら芽生えました 笑

私も真夜中、我が子を抱きながら、そんな夫に絶望していたのを、今でも鮮明に覚えています。

夫に変わってほしい。
育児に協力してほしい。
もっと優しくなってほしい。
せめて、子供や妻が辛い時ぐらいは、寄り添ってほしい。

思い描いていた未来と違う。こんなはずじゃなかった・・・

今のあなたは、こんな心境でしょうか。

今回は、そんな最低夫を選んでしまった…あなたへの対処法です。

 

子供の夜泣きについて、夫と冷静に話してみる

まずは、夜泣きについて夫と冷静に話をしてみてください。

なぜなら、男は、言われないとわからない生き物だから。

 

そもそも、夜泣きって、原因がはっきりわかっていません。

あなただけが辛い思いをするのはおかしいです。ましてや怒鳴られるなんて論外。

 

実際にイライラする気持ちも、わかります。夫は仕事もあります。でもそれは、あなただって同じです。

朝から晩まで、トイレも行きたい時に行けず、何一つスムーズに進まない家事育児をこなし、夜は寝不足。

正直なところ、ヘトヘトなはずです。

 

そのへんのところも、夫に伝えてください。

この時、あくまでも感情的にならないでくださいね。

 

夜泣きするなら、夫と寝室を別にする

まだ授乳している子もいるでしょうし、夫ではどうにもならない場合のが多いです。

ましてや、怒鳴ってくるような夫に子供は任せられません。

危険です。

 

なので割り切って夜はあなたが対応する。逃げるが勝ち

 

頼ってみたところで、大抵の場合は『俺では、泣き止まない‼︎』とキレられるのがオチです。

こうゆう事を言う人間には、夜泣きの対応をするなんて無理な話です。

泣きやまない子供にキレている姿が、目に浮かびます。余計あなたのストレスになりかねません。

 

 

 

隣でイライラされるより、ずっと気持ちが楽になりますよ。

しかし、別の部屋からでも、怒鳴ってくる場合もありますので要注意です。

 

アホ夫が怒鳴ろうが、ただただ無になる。

それでも解決しない場合、無になる

あなたが怒鳴られようが、子供に怒鳴ろうがスルーです。無になりましょう。

夫は見えないものとして。

あなたは、子供と自分のことだけ考えてください。相手にする労力が無駄です。

 

あなたもブチ切れたい気持ちもわかります。でも、待ってください。

あなたまで、感情的になってしまうと、子供も不安になり夜泣きも余計おさまりません。

あなたも余計疲れます。

夫と同じ土俵に上がらないことが重要。

同じレベルの人間になりたくないですからね。

モラハラ夫の生態「謝らない」そんなときはただ無になって。

最近になって、皆様からご相談頂くことも多くなりました。 同じ ...

続きを見る

 

まとめ

将来を冷静に考える。

私は、この件をきっかけに、夫と人生をともにするのはやめようと、強く心に決めました。

それぐらい私にとっては、ダメージが大きかったです。

当時の私は、

あぁ、やってしまった。
人生終わった。
なんでこんな人を選んでしまったのだろう。
自分バカすぎる。
人を見る目が無さすぎた。

悲しみと悔しさと、例えようのない不安でいっぱいになりました。

本当に心から後悔しました。

しばらくは、精神的に不安定で生きる気力さえ失いました。

 

でも私は、自分の足で立ち上がる決心をしました。

夫を選んでしまったのは、他でもないこの私だから。

こんな人とこれから先も、一緒に生きていくなんて、まっぴらゴメンです。

 

人生、間違えてしまった。

間違えたなら、修正すればいいじゃん。

 

自分の思い描いた未来じゃないけど、まだやり直せると自分に言い聞かせています。

夫のせいだけにしていた時の自分より、ずっと楽になりました。

 

今はまだ経済的自立ができてないため、波風を立てないよう一緒にいます。

心の中では、絶対いつか離れてやると思っています。

 

そんな夫でも、好きだからこれからも一緒にいたい。そう思う方もいるかもしれません。

それはそれで、いいと思います。

人生は自由だから。

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
アバター

takako

モラハラ&ストーカー夫との結婚を心から後悔。絶望の日々から、人生このまま終わらせたくない!と離婚を決意。今はまだ、経済的自立を目指しコツコツ努力中。可愛い子供と自分のために、明るい未来を夢見てます♪

-2. これってモラハラ?
-,

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2021 All Rights Reserved.