【最新の投稿!】

2. これってモラハラ? 3. モラハラとの闘い

夫からの理不尽な無視…モラハラなら私は離婚も考えるべきなの?

投稿日:

気に入らないことがあると無視…。

それが当たり前になっていた夫との関係でした。

 

「怒らせてしまったのかも…」「私が何かしたのかな…」

と、いつも怯えていました。

 

が…無視されている理由がわからないことが多くて。

理不尽で耐えられないほどの無視が多い場合、もしかしたらモラハラかも?!

そんなモラハラ夫とは離婚すべきなんでしょうか…?

モラハラ夫の無視への対処法をご紹介します。

 

夫から無視をされているのは…「私のせい」?

今日は機嫌が悪いのかな…

そう思っていたけど、何が原因なのかわからず、ずっと自分の中で思いめぐらせていませんか?

あの時のあの発言がダメだったのかな…。あの時から無視が始まったな…。

 

そんなふうに、私はいつも、何が夫の逆鱗に触れたのかと考え込む癖がついていました。

そう思わせるようにさせられていたという方が正しいのかもしれません。

 

でも、そうやって自分が撒いた種なのかもと思って生活するのって、ホント苦しい…。

だって、「普通に生きてるだけ」なのに、私がいけなかったのかと考えて、夫の顔色をうかがっているんですもの。

自分を責めて生きる習慣がつくと、夫婦間ではない職場や周りの人との関係でも、怯えてしまい…気を使い…いい人間関係を築きにくくなってしまいます。

嫌われないようにという習慣は、家庭を出ても簡単に治せませんでした。

 

すべてのトラブルが私のせい?私に原因があるのかも…と自分を責めていないでしょうか?

こういう生活って、とっても生きづらさを感じますよね。

 

私が夫を怒らせたと「思い込んでいた…」

結論から言えば、無視されるほど怒らせた私が悪い❞と思わされていただけでした。

 

モラハラ夫の無視は、タイミングもわからず、原因もわからず…

それこそが、私が自分を責める方向へ・精神的に追い込むやり方でもあり。。

私の心を疲弊させて従わせるための行動過ぎなかったのですよね。

 

今振り返って思うのは、

  • モラハラ夫の無視に明確な原因はなく、相手の機嫌次第
  • モラハラ夫の気が済むまで終わらない
  • 世間一般のただの夫婦喧嘩とは違う

この3点につきました。

 

しかし、モラハラ夫の支配下にある以上、この無視がモラハラか否かなんてわからないものなんですよね。

そして話しかけても無視…という態度で、こちらの精神を疲弊させてゆき、

正常な判断もできなくなり、自分が悪かったのか…と考えがちになっていました。

 

無視をされたらご機嫌取りが解決策?

モラハラ夫の無視は、ご機嫌取りでは解決できません!

にもかかわらず、私は機嫌を直して欲しいとしたてに出てしまっていました。

…これも、相手の思うツボだったんですよね。。

 

夫の興味の持ちそうな話を選んで話しかけたり…夫の好きなご飯を作ってみたり…

「私がなにかした?」なんて聞こうものなら、基本的に無視でしたが、

返事をしたと思ったらムスッと、「自分で考えろ」

と冷たくひと言…ため息のみの対応…で終わり…

これまた自分を責める原因になっていたのです。

 

さらに、やればやるほど相手は付け上がるだけです。

原因はわからないまま、ご機嫌取りをして無視が終わる時もあれば、何もしなくても急に無視が終わることも…。

 

要は夫にとって無視は、私を服従させるための行動であり、

解決策としてしたてに出るのはしてはいけないことでした。

 

適度にまたやってるわ…くらいに流して、❝いつものことだから考え込まない❞

そういった気持ちでいてもよかったのですし、相手と同じ土俵でもがき苦しみ、自分を責める必要はなかったんですね。

モラハラ夫に「無視」されても平気な私でいるためのメソッド

「しばらく話しかけないで。」 悲劇のヒロインみたいな顔でモラ ...

続きを見る

 

こんな無視は要注意!「モラハラと喧嘩の境界線」って?

モラハラ夫の無視には共通点がありました。

ひと言で無視とは言っても、

  • ただの夫婦喧嘩、あるいは本当に怒らせてしまったのか
  • 夫の機嫌が悪いだけ、あるいは亭主関白なのか
  • モラハラのせいなのか

考えられる可能性や理由がいくつかあるため、判断も難しいんですよね…

 

夫の無視→悲しい→私が悪いと自問自答or抑圧から萎縮→夫の言いなり

こんなループにハマっていないでしょうか?

 

ここで私が「この無視はモラハラだ!」と感じたことを、少しご紹介します。

 

事あるごとに「もう離婚だ!」と無視される

「もう離婚する?」

…夫の思うようにいかない時には、いつもそんな言葉が飛んできました。

 

これって、離婚するほど俺を不機嫌にさせたお前が悪い!」

という言い回しで、「俺は離婚したいくらいお前に怒っている!」というアピールでしょうか。

要は、離婚という言葉を盾に追い込むんですよね。

俺にとって、お前との離婚なんて痛くもかゆくもない

なんて発言もありました。

 

しかし、気の弱い私・これまでモラハラの毒牙にかかっていた私は、

言うことを聞くという判断しかできず…

 

途中からは、「また始まった…」くらいに思えるようにはなったものの、

抵抗をしないのも、相手にとっては都合が良いんですよね。

でも、言い返したところで、もっと酷くキレられるだけなので、抵抗もせず。

 

言ってもダメ、言わなくてもダメ…

つまりすべてが夫の機嫌で進んでいて、こちらが言いなりになる。

これがモラハラ関係の恐ろしさです。

 

「誰のおかげだと思ってるんだ!」と無視…

「誰に食わせてもらってると思ってるんだ!」

機嫌が悪くなって無視をする前に言うセリフで、これもよく言われていました。

 

結局、自分の思う通りにならないことに対して、金銭的な抑圧をする発言をして、無視。

これも、夫の言うことを聞けないのであれば無視…という制裁なんですね。

経済的にも夫の収入がなくては不安…そんな心理をついた無視。

俺が食わせてやっているという主張をした上で、無視されるんですから、不安にもなります。

 

そしてこちらは言いなりに…奴隷状態ですね。

普通の夫婦喧嘩で、金銭的に追い込むようなことはしないはず。

ひどい時は、「キャッシュカードもクレジットカードも俺に返せ!」

と言われたことも。このまま無視されたら金銭的に不安…という弱みをつかれていたのですね。

 

無視から一転!急に機嫌が直って優しくなる

「俺はお前のためを思って言っているんだよ」

そんな言葉を、急に無視から一転して言われることも!

「お前のためを思ってやってるんだからわかってくれ」

「俺だってこんなことやりたくないのに、お前のために…」

 

そんな主張をされていたのですが、無視されて私の心が弱っている絶妙なタイミングで言われるんです。

これも上下関係、モラハラを悪化させるものでした。

 

無視によって心の支配・言いなりの関係が成り立っているのであれば、要注意。

 

ただの夫婦喧嘩だったら対等な話し合いになるはず。

恩着せがましい言い方はしないはず。

ただ夫の機嫌が悪いだけであれば、精神的・金銭的抑圧はしないはず。

夫がただ亭主関白なだけなのであれば、妻へのマウンティングはしないはず。

 

このあたりをモラハラの目安にしてみるといいかもしれませんね。

夫の無視がモラハラだと気づいた…離婚する?しない?

モラハラ対策は人それぞれの選択肢があります。

離婚だけが選択肢ではありません。

 

子供がいる、家を建てたなど理由があって離婚はしない考えもあるでしょうし。

モラハラ夫との離婚成立って難しいと聞くし、どうしよう…と迷いもあります。

そもそも離婚は考えていない…うまく乗り切る道を探したい…

 

いち早く、モラハラから脱却して自由になりたいという考えも、とってもわかります。

 

無視がモラハラだと気づいた時に私が考えたことが、参考になるかもしれませんので、

シェアさせてくださいね!

 

選択肢① 無視を乗り切る「心の保ち方」を考える

無視を真に受けないためにどうするか。

これが離婚しない選択肢での鍵になるのではないでしょうか?

 

無視をされるのって、不快ですよね。しかも家庭内だなんてたまらないですよね。

でも、ここで自分が悪かったなど考えて、言いなりになるのは心が疲弊するだけでした。

 

ですから、無視は真に受けず、心の中で

また始まった…しーらない」

「子どもみたい…相手にしないでいいや

「自分の楽しみを探してみよう

とつぶやいて、自分の心を保つ考え方や趣味・ストレス発散方法を探してみるのもおすすめです。

 

真に受けて、相手を変えよう・戦おうとするのは火に油を注ぐようなもの。

だから、あなたはあなた、私は私と割り切るのもアリですよ!

 

選択肢② 「熟年離婚を計画」して今は我慢する

子どもの手が離れたら離婚する!

熟年離婚の計画で、今はとりあえず乗り切ろう!というのも悪くないと思いますよ!

 

その期間にモラハラについて学ぶもよし、モラハラ夫との離婚に必要な証拠を集めるもよし、

少しでも良いので働いて金銭的プレッシャーから解放される道を作るもよし。

 

❝将来的に絶対に離婚してやる!❞

そんな決意があるからこそ、心に余裕も持てて、受け流すこともできるんですよね。

これも夫との関係に、心の中で一線を引けるため、気が楽になる選択肢だと思います。

モラハラ夫と別れたい!私がやった離婚への手順と失敗とは?

モラハラ夫との離婚を決めたあなた。 その離婚の決断、間違って ...

続きを見る

 

選択肢③ とにかく「離婚するための準備」をする

このままいたら、自分が壊れてしまう…

そんな状況なら、自分の心を守るためにも、離れるということを優先して良いのではないでしょうか?

家庭内なのに心が休まらないなんて、毎日苦しいですよね。

元気もなくなりますし、自分の人生を諦めてしまいたくもなります。

 

でも、金銭面・精神面の意味でも離れるのは怖いものです。

とは言っても、結婚を機につらくなってしまっているのであれば、

人生を取り戻す選択として、離婚に向けて動き出すのも選択肢です。

 

夫に精神的にも肉体的にも自由を奪われて、言いなり…。

でも、諦めるには早い!

自分を取り戻す・生きやすくなるために…離婚はいけないなんて思わないでください。

モラハラ夫を変える義務も、責任も妻にはないのですから。

おわりに

執拗な無視が続いている…

理不尽な理由のわからない無視がよくある…

そんな毎日で、心が傷ついているのであれば、モラハラの可能性があります。

 

無視って、存在を否定されているようなものですから、やっぱり苦しいです。

もちろん、無視をされてもなんとも思わないという方もいるかもしれません。

 

でも、生きづらさや、虚しさを感じているのであれば諦めるのではなく、

これからどうするかを考えて一歩踏み出してみませんか?

自分を責めるのではなく、自分に優しく生きる対処法があると思いますよ♪

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
アバター

azuking

国内・海外問わず旅行が好き!海外だって1人で行くほどの、怖いもの知らずな一面も。現在は田舎移住ライフでのんびり生活をしています。心理学も好きで、良いのか悪いのか人間関係を観察してしまう癖も…。それも私らしくていいかな♪

-2. これってモラハラ?, 3. モラハラとの闘い
-,

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2021 All Rights Reserved.