【最新の投稿!】

3. モラハラとの闘い

モラハラ夫の束縛は洗脳…「妻の自由は許さない」への対処法は?

更新日:

モラハラ夫からの束縛に悩んでいませんか?

『ちょっとやきもち焼きなんだ、嫉妬心が強い人なんだ』

くらいに思っていたかもしれませんが、

自由を奪われるほどの束縛は、モラハラ人間のあるあるなんです。

夫の束縛はモラハラの一部でもあり、恐ろしいメンタル操作に過ぎません!

度が過ぎる束縛の理由や、その束縛に対する対処法について紹介します。

愛だと思っていたという方は、今一度、考えてみませんか?

 

モラハラ夫が妻を束縛するのはなぜ?愛?嫉妬?それとも…

モラハラ夫の度を越えた束縛の理由、それはひと言でいえば洗脳です。

妻の自由や思考、すべてを奪うマインドコントロールに過ぎません。

 

この事実を知らないまま、

他の人よりちょっと嫉妬心が強い人なだけ…やきもち焼きさんなだけ…

こんな風に思っていないでしょうか?

 

あるいは、愛情表現が下手なだけだと思っていたり、性格が合わないだけ、

ちょっと歪んでるけどただ束縛が激しだけだと思っていたり…。

または、モラハラと認識もある場合、その束縛が異常と感じつつも、

怒らせると面倒だからと、顔色をうかがって過ごしていたり…。

 

『そういう性格の人』なんて思っているかもしれませんが、

これも立派な自己愛性人格障害(いわゆるモラハラパーソン)の方の特徴のひとつ。

 

もちろんモラハラじゃない人でも、束縛が激しい人っています。

でも、モラハラの場合の束縛は、束縛の次元を超えているんです!

モラ夫の束縛は、嫉妬を超えた自分勝手な感情をぶつけているだけ

自分の従順な奴隷を作るための洗脳に過ぎません。

 

わたし
どう考えても理不尽…でも守らないと怒られるから…

と、束縛されるがままに行動してしまっていると、

モラハラ夫の都合のいいおもちゃにされているのと同じなんです。

 

もう一度言います!

モラハラ夫の束縛は、愛でもないし、妻を心配しているわけでもない。

嫉妬心が強いとか、やきもち焼きでは済みません!

妻をコントロールしたい執着・洗脳なんです!

自己愛が強い...とモラハラに?あなたの夫を徹底分析します!

続きを見る

 

モラハラ夫の束縛の目的はメンタル操作?!どういう心理なの?

納得できない理不尽な束縛ってありませんか?

意地でも妻を自由にさせたくない、妻が楽しいのを許せないとでも言いたいような…

 

モラハラ夫の束縛は、金銭的な束縛・時間的な束縛・精神的な束縛と、

あらゆる妻の自由・行動をシャットアウトさせる内容ばかり…。

 

私も自由を禁じられてきました。友達、考え、仕事、お金、時間も…

自分の意思も生き方もすべてに、束縛を超えた拘束をされていたんです。

 

最初は一般的な『束縛』だったのが、結婚と共に悪化している、

あるいは、結婚後に本領を発揮し束縛男に豹変というのもよくある話。

 

普通のカップルでも束縛はありえますが、モラハラ夫の束縛となにが違うのか?

私の経験から得たモラハラ人間の『危険な束縛』の心理を解説します。

 

『俺の言うことに従ってろ!』妻に精神的な依存をさせる作戦!

厳しい束縛をすることで、妻の精神を支配してゆきます。

自分の言うことを聞かせるように話すんですよね。

 

怪獣モラオ
常識がないお前のために言っているんだよ!
私が夫を不快にさせたんだ…
わたし

こんな感じに、あたかも『自分が正しい・お前がおかしい』というニュアンスで、

自分の意見で束縛し、妻を説き伏せようとします。

 

言うことを聞かない場合は、怒り狂う始末。

そんなこともわからないのか?なんでわからないの?と暴言の嵐です。

 

モラハラ被害に遭いやすい方って、NOを伝えられない人や自分に自信がない人が多いため、

こんな言い方をされると、自分のせいだと思ってしまうことがあるんです。

仮に夫の言い分をおかしいと思っても、夫が機嫌を損ねると面倒だし…と従ってしまいます。

しかし、怒られるのが嫌で、モラハラ夫の言うとおりにすると、

わかっただろ、俺の言うことに従っていたらいいんだ!

という達成感を、夫に味わわせてしまうことになるんです。

 

こういったやり方でしか自己肯定感を感じられない心の持ち主なモラ夫。

相手を否定して、納得させた自分に酔っているというか…。

自分に従う妻を見て、気持ちよくなっているわけ。(←最低ですね)

 

でもこれって夫にとっては一石二鳥なんです。

  • 言いなりになり、自分の範疇で生きる妻を見て自分の方が上だと思える
  • 妻を自分に依存させることができ承認欲求が満たされる

つまり、妻の精神を食い物にして、自分は安心できるというからくり。

とんでもない悪循環と相乗効果で、束縛の内容がエスカレートしていきます。

 

結婚は我慢がつきもの?!夫へのその我慢…実はモラハラでは?

続きを見る

 

『頼れる相手は俺だけ!』妻の交友関係を遮断して逃げ場を奪う!

束縛を強くすることで、妻の頼る相手を自分だけにさせようとしています。

妻の周りにいる人を排除したいんです。モラハラ夫にとって都合の悪い人を…。

 

たとえば、妻に悪い入れ知恵(モラ夫と離れた方が良いとか)をしそうな人や、

思うように、モラトラップにかかってくれない人(モラ夫を褒めてくれない人)

要はモラ夫の不利になる存在というか、妻の洗脳の邪魔をする人って感じかな。

 

これが行き過ぎると、携帯・スマホチェックをしようとしたり、

交友関係にまで口を挟んで、妻の友人をボロクソに言ったり、

「小学生かよ!」と言いたくなるような、厳しい門限を設定してきたり、

妻の一挙一動・環境、すべてを監視するような束縛に発展することも…。

 

ひどい場合は、妻が話した内容や相手が言っていたことまで、事細かに聞きだそうとして、

その内容が自分の納得するものでなければ(モラ夫が気持ちよくない内容なら)、

相手と縁を切れなんてことも平気で言ってきやがります…。

これも外面が良くて、人から評価されていたいモラ夫独特の習性。

モラハラ夫の束縛は、まさに監視。

自分が知りうる範囲でしか妻を行動させたくないんです。

…だって妻のことを、自分だけの言うことを聞く、従順な存在にしたいんだもの。

 

加えて、妻の周りの人を排除・モラ夫が納得する人

(モラ夫のことをいい人だと思っている人、モラ夫の味方にしやすい人)のみにすることで、

妻を精神的に孤立させ妻の正常な判断力も奪うことができます。

 

しかし、自分はなにしてもいいという考えがあり、夫は不倫しちゃってるケースも…。

とことん妻を束縛し吊るし上げて、苦しんでいるのを見て楽しんでいます。

 

そして…妻が弱っている時に優しくしたり、

お前を助けてやるのは俺だけなんだ

というアピールをしたりして、妻から逃げ場を失わせ、洗脳していくんです。

 

妻を自分の言うがままにさせたい、自分の所有物のようにしたい。

俺の言うことに従っていればいい…。そういう方向に持って行きたいのね。

性格、腐ってますね…モラハラ夫って。

 

『妻の不幸は蜜の味♪』妻に自由を与えないことから得る優越感!

モラ夫は自分以下の人を作って、心のバランスが保てる生き物。

(自分以下って思い込んでるだけなんですけど…)

 

モラハラ人間、いわゆる自己愛性人格障害の方って、根本的に、

自分の方が上と思っていたいから、人を否定する暴言を吐いたり、嫌味を言ったり、

あらゆる言動で自分以下扱いをしてくるんです。

 

本音は、自分以上に幸せそうな人や、楽しそうな人を見ると、不安になってしまう

それが悔しくて、自分にないものを持っている人が羨ましいんだろうね。

 

だから、自分にそんな気持ちをさせる人(勝手に本人がそう思っている)が、

嫌で嫌で仕方ないし、排除したいし苦しんでいて欲しいんです!

それでムカついて、モラハラという意地悪をしちゃう。

 

だから!妻の幸せや楽しそうなのなんて、許せるはずがないんです!!

 

自分以下であってほしいし、自分以下にさせたい。

そんな姿を見て優越感に浸れる、イカレタ生き物でもあります。

妻を自分以下に追い込んで、自分の束縛に従う妻の姿が快感なんでしょうね。

 

自分よりも下の奴♪あぁ~俺はこいつに比べたら素晴らしい人間だぜ♪

と、得意げになって安心を感じ、自分の正当性を確認できるという心の持ち主。

んもぉぉ~!超嫌な奴、まったく!!!

 

妻が楽しそうにしていたり、自分のいないところで幸せそうにしていたりしたら、

もう、モラハラ夫は、はらわた煮えくりかえりそうなくらい、ムカつくわけよ。

自分以下の存在であって欲しい・あるべき人として見ているから。

 

だから、

怪獣モラオ
じゃあ、妻の自由なんて取り上げてしまおう!!

って感じ。それが束縛に繋がる最大の理由なんだと思います。

 

働きに行かせてくれない、友達と出かけさせてくれない、

出かけても早く帰ってこいと怒られる…。そんな経験ありませんか?

 

こうやって、厳しい束縛で妻が不幸になればなるほど、

自分の存在のありがたみをアピールするチャンスと思っているんでしょうね。

 

「かまってちゃん」なモラハラ夫は「孤独」が大嫌いな理由!

続きを見る

 

『ここまでやっても離れられないだろ?!』妻の心を試したい夫!

モラハラ夫は束縛を厳しくすることで、妻を試しています。

ここまでしたら離れるんじゃないだろうか?

と実は不安もある反面、そこまでやっても離れない妻に安堵する。

 

それがモラハラ夫の束縛の本心・心の闇。わざと酷いことを言って、妻の心を操っている

見捨てられない(離れられない)妻に、ホッとしているということです。

 

モラハラ人間って、根本的に褒めていて欲しい、認めて欲しい生き物。

どんなことをやっても離れられないと実感することで、大切にされていると思い、

自分の存在価値を感じているため、束縛をやめられないんですね…。

 

妻に依存している

自分に自信がなく、「ひょっとしたら妻に見捨てられてしまうのではないか」

という不安を常に心の中に抱いている人も、妻を束縛したがります。

~中略~

依存度が高まるにつれて、妻が自分以外の人と親しくしているのを見るだけで不安になったり

怒りを感じたりするのです。この手の夫は、「自分を愛しているならば、言うことを聞け」と

愛情を楯(たて)に束縛することが多いでしょう。

引用元:探偵社アヴァンス『なんでも調査隊!』

 

モラ夫のお母さんも、そのようにしてきたんでしょう…。

もしくは、お母さんから欲しかった愛情を妻に求めているだけ

お母さんが子どもにあげる無償の愛、何をやっても見捨てない愛を…。

 

モラ夫は親にありのままの自分を認めてもらえなかったり、

周りが離れていくのが怖くて、自分の感情を出せなかったりした経験から、

『いつか周りから捨てられるんじゃないか』って不安があるんです。

 

自分から人が離れるのが怖いから、束縛もするし、

どれだけやっても見捨てないという安心が欲しいんです。

妻がなにをやっても離れない人か試しているだけ。

 

なにがあっても・なにをしても、自分を捨てない・一人にしないで、

いつでも自分を一番にしてくれる(肯定してくれる)という要求を満たしたいだけなんです。

 

問題ありあり「モラハラ夫の実家」の実態は?あなたも同じかも

続きを見る

 

妻の自由を許さない!『拷問レベル』なモラハラ夫の束縛体験談

時には束縛を超えた拷問のようなこともしてくる…

それがモラハラ夫の正体です。。。

 

自分の思うがままに従わせたいのが本音。

どれだけ意味不明であろうが、いちゃもんをつけて妻をおとしめたい。

どんな些細なことでも束縛して、妻から行動の自由を奪います。

そうそう、このツイートみたいなこと、私も日常茶飯事でした…。

ことあるごとに、制限をかけられたり、文句を言われたり…。

言うことを聞かないんだったら、黙るまで嫌がらせしてやる!

そんな感じなんでしょうね。

 

ここまできたら、束縛を超えて拘束・拷問では?ということも多々あり…。

行き過ぎたモラハラ夫の束縛の詳細を、私の経験とともにご紹介します。

あなたにも当てはまるようなものはあるでしょうか?

 

また、あなたが経験した拷問に近いほどの束縛はどんな感じですか?

モラ夫のおかしな束縛の苦痛を共感し、そこから解決のヒントや答えを探しましょ♪

 

身内の不幸でさえも門限で縛る!『自由にするな』と罵声事件

よくしてもらっていた私の叔母のご主人が亡くなった時のこと。

叔母には子供がおらず、私が葬儀の手伝いに行くことになったんです。

(その旨は主人にも了承してもらっていました)

 

朝早くから電車で1時間半ほどの叔母の家に向かい、通夜の手伝いなどをしつつ、

帰りが遅くなるとまた文句を言われるとわかっていたので、猛ダッシュで帰ったものの、

帰宅したのは夜7時過ぎだったんです。(←かなりバタバタ)

 

そんなハードな中でもバッチリ家事はして、夕食の準備もして行っていたのに…

身内の不幸へのお悔みの言葉も労いの言葉もなく、夫の第一声は…

こんな時間までお前だけ外で自由にしやがって!こっちは仕事して疲れてんだよ!

 

でした。叔母の様子も聞こうともしませんしね。

そんなことよりも、モラハラ夫は私が外で(モラ夫の目の届かないところで)、

過ごしていた時間の長さにご乱心で、ノンストップな大暴言。

 

…私なんか悪いことしてますか??

家事もやってあったし、夫には手伝いに行く了承も得ていたし…。

これでも手伝い切り上げて、猛ダッシュで帰ってきたのに…。

 

しかも、よーく考えてみたら。。

わたし
自由にしやがってってなに??

って話なんですよ…。

 

あまりにしつこく言われるもんだから、思わず、

わたし
家のことはちゃんとやってあったし、迷惑かけてないでしょ!

と言い返したものの…

今日のことだけを言ってるんじゃない!お前は俺に感謝がないんだ!
怪獣モラオ

と、もう意味のわからないお説教に発展しました。。

 

きっと…私が家で大人しくしていないことにムカついて、

私が他の人と時間を過ごしていることにも、『自由にしやがって』と思い、

自分の範疇内で言うことを聞いて、大人しくしてろって言いたいんでしょうね…。

 

友達を排除したいモラ夫…『そんな奴とつるむな!』と激怒事件

10年以上ぶりくらいに、学生時代の友人から電話があった時。

お互い家庭を持ち、連絡も減っていたこともあり、懐かしい話で大盛り上がりし、

『少し会えたら良いね』という話になったんです。

 

ちょうどモラハラ夫もゴルフで家をあけるという日があったので、

モラ夫の了承を得ようと確認したところ…激怒ですよ。

 

怪獣モラオ
俺がいない時にくらい、家でゆっくりしたらいいじゃないか!

と最初は、妻を労うかのように、ゆっくりしなよ的な言い回しでしたが、

せっかく久々の友人だし、会いたいし…
わたし

というと、なぜか怒りの矛先がその友人へ…。

 

怪獣モラオ
だいたいさ?その友達ももっと気を遣えよ!自分のペースで人の生活も考えないで!そんな人とつるむのやめなよ、どうせ常識ない人だし!!

…友人を悪く言われ、頭の中はクエスチョンだらけになった私もついつい、

自分だって友達と飲みに行ったりゴルフ行ったりしてるでしょ?
わたし

と言い返してしまったのです。そしたら…

怪獣モラオ
俺は仕事で疲れてるんだからリフレッシュしたっていいだろう!お前は家のことをするのが仕事なのに、いつも手抜きしやがって!

…と怒涛の家事ダメ出し!!

 

ちょっと友達と会いたいと言っただけなのに、

私の友達を悪く言うわ…仕事疲れマウントするわ…挙句ディスられるわ…

『久しぶりの友人なら会っておいでよ』なんて言葉も言えないのか!!

 

結局…これ以上言うと何をいわれるかわからないため、友人と会うのはキャンセル…

したのに、その日ゴルフから帰ってきたモラハラ夫には、

『1日家にいたくせに、なんでこれやってないんだ!!』

とまたも罵声を浴びさせられ…。

 

ゆっくりしなよって発言はなんだったのだろう…。しかも、家事を手抜きしてないし。

こんなんだったら、友人と過ごして怒られる方がよっぽど良かった。。

家事育児にダメ出しばかり…モラハラ夫の洗脳に要注意!

続きを見る

 

『どこにいるんだ!連絡しろ!』ストーカー級の連絡魔事件

これは皆さんも経験ありかも?ですが、

引くほどの着歴・未読メッセージだらけになったことありません?

ちょっと連絡しなかっただけで、いわゆる鬼電ってやつですよ。

 

この鬼電事件は、夫の思う通りにならなかったらよくある話で、

タイミングを選ばず発生するんです…。

相手にも相手の都合があるという考えがなく、自分本位なお考え。

 

電話にすぐ出ないとまた怒るから!

と、夫からの連絡に敏感になる習慣がある方は、要注意。。

それこそまさに、モラハラ夫の束縛によるマインドコントロールです!!

 

たとえば…最初の電話から30分後にもう一度電話が…その次は10分後…

そして5分後…1分後と連絡がつくまで電話を続けられ。。

同時に頻発するメッセージも、時間が経つごとに内容がエスカレート…。

 

、自分のしたかった事が通らない事が彼らには大きなストレスであり

すごく不快な事なんだと思います。

だから、その怒りを相手に正面からぶつけてしまうんですよね。

その行動の一つが出るまで鬼電。

電話に出れなくてしばらくして電話を見てみると着信20件

なんて恐い文字が携帯画面に出ているなんて事があるんですよね。

引用元:アメブロ❝four-heart-clover❞

メッセージの最初は…

怪獣モラオ
どこにいる~?

という内容から、その20分後には

怪獣モラオ
なんで連絡してこないの?なにしてんの?

そしてその5分後には…

怪獣モラオ
なにやってんだよ!電話出ろよ!

その1分後にはとうとう…

怪獣モラオ
連絡しろよ!なんのために携帯持ってんだよ、バカ!!

…と暴言の嵐。こちらの状況お構いなし!!

 

言い返したいのは…

少なからずお前のために携帯を持っているわけではない!
わたし

ってこと。こんなことになるなら、携帯いらないとすら思います…。

 

しかも、そんなに頻繁な連絡にもかかわらず、話してみたら、

『えっ…それだけ?!』って内容。

もはや電話・連絡を取れなかったことに話題をすり替えられ、怒られる始末…。

 

結局自分の思った時に、思った対応をしなかった妻への束縛であり、一方的な怒りで…

キレて、怖がらせて、言うことを聞かせたい…恐怖で人を操る最低人間なのね。

 

理解不能なモラハラ夫が怖い…聞いてください!私の恐怖体験

続きを見る

 

モラハラ夫の束縛に泣き寝入りしないで!有効な対処法とは?

ありえないほどのモラハラ夫の束縛に、泣き寝入りしないでください!

そんな理不尽で意味不明な束縛に従ってしまうと、

モラハラ悪化の一番の原因、共依存が成立してしまうのですから!

 

束縛に従っていないと、キレるから怖い…。面倒だから言われないようにしておこう…。

そうなるのはわかるのですが、それこそがモラ夫の洗脳。

そうやって顔色をうかがわせて、妻の行動すべてに制限をかけるのが狙い。

 

すごく難しいと思います、モラ夫の束縛に対する対処って。

言われたくないから従う=モラハラ悪化・洗脳だなんて逃げ場ナシですもの…

でも、どれだけ従っても要求はエスカレートし、どこまでやっても、終わりません。

 

それに…一緒にいなくなっても後遺症は残ります。。

私も離れて数年はうまく生きれませんでした。そうならないで欲しいんです!

モラ夫の所有物にならない生き方をするために、どう対処すべきか一緒に考えましょう。

 

「夫婦の共依存」の仕組みを知り克服できる私になる!

続きを見る

 

『従わない』のが一番の対処法!妻だって好きなことしていい!

一番に言いたいことは、従わないで良いってこと。

従わないとネチネチ言われるし、諦めるしかない…と思う気持ちはわかります。

が!一度従ってしまえば、それは永遠のルールになってしまうんです!

 

そして、そのルールがエスカレートするって流れなんですから、

早い目に、従わないようにしていくことがポイント!

すでに従ってきてしまって、ルールを決められている場合であっても、

これ以上の被害を回避するために、これからは従わないようにしましょう!

 

いつまでも従ってると思うなよ!

という姿勢は必要です!怖いかもしれませんが。

 

これまで従順だった妻の抵抗に、モラ夫は逆上するかもしれませんが、

そこで言われるままにしていたら、これまでの説明のとおり悪化する一方。

自由が奪われ続けるだけ!それだけは避けたいじゃないですか。

自由に自由な選択をして良いんです。

どんな人間関係であっても、誰かの言いなりになる必要はない。

勇気がいることかもしれませんんが、思うように生きてください!

 

夫に止められようが、好きなことをしましょう!

自分の人生であって、既婚だろうが夫の人生ではないんですから。

夫の顔色をうかがう選択肢を選ぶ必要はありません。

 

こういった少しずつの行動が、モラハラや共依存からの脱出にもつながります。

モラハラ夫のために自分を押し殺さない!自分らしく生きる!

それをやって良いんですし、この自由は夫だろうが奪えないんですよ♪

 

束縛の後の『偽の優しさ』に騙されないで!それがモラ夫の狙い!

束縛の後、少し優しくされたことありませんか?

急にご機嫌取りしてきたり、束縛を少しゆるめてきたり。

それも作戦なので騙されないで!

 

こっちのリアクション・束縛への抵抗に

『ちょっとやりすぎてヤバいかも…』と思ったり、

『少し許して恩着せてやろうという本音がありますから。

 

あれだけダメだと言っていたのに、

怪獣モラオ
まぁ、ここまでだったら良い。(何時までならいい)

と言い出して。

考えてくれたんだ!夫なりに譲ってくれたんだ。
わたし

なんて、優しいとこもあるじゃんとか思っていたら超危険です。

その飴と鞭こそモラ夫である証!!

 

モラ夫の思ういい子になっていませんか?当然の自由を奪っているにもかかわらず、

少し許してくれたり、優しくしてくれたりしたモラ夫に恩を感じてしまったり…。

 

それがモラハラ夫の心理操作に過ぎないとわかった今、

恩を感じる必要なんてありません!

夫に薄情だと罵られようが、自由を奪うモラハラ人間の方がよっぽど人でなし

 

だから、モラハラ夫に束縛の後、優しくされようが、

夫にも優しいところもあるから…気にかけてくれてるんだな。

なんて思わないで良いんですし、その優しさもどきは妻を惹きつける作戦。

 

反省しているようなふりをしてるだけ。

自分のしたいようにして良いということを忘れないでください。

そこで言い合いになって、キレてくるようなら、そこまでの人ってこと!

 

モラハラ夫を『説得しよう』としない!許可をもらう必要なし!

やりたいことをやらせてもらえない束縛をされる時、あなたはどうしていますか?

  • 束縛されたくないと、嫌だと伝える(抵抗する)
  • 揉めたくないから仕方ないと諦める言いなりに…)
  • 説得する・納得をしてもらう(許しを請う、理解を得る)

このどれかをしていませんか?

 

これ全部オススメできません。。

というか、これらは長期的に見たら、モラハラ悪化につながる対応。

だって、全部モラハラ夫を立てる対応だからです。

 

付き合いたてなら、嫌なものは嫌と伝えるのはアリですが、

既にモラハラと気づいている場合は、この抵抗は危険!!

夫の言うことを鵜呑みにして、正面から勝負を挑んで、相手を変えようとしても、

モラハラ夫にとっては、モラる絶好のチャンスになるんです。

 

言いなりになって従うのも、モラ夫の望み通りの展開。

説得しよう・納得してもらおう・許して欲しい・認めてもらおうなどとするのも、

言い返せない『弱み』や『恩』を作ってしまう原因です。

 

弱みを握られるとか、恩着せられるとか自体がナンセンスなんですけど、

そもそもね?

なんで許しを請う必要があるの?なんで説得する必要があるの?

なんで認めてもらう必要があるの?って話。

 

夫婦だから?(夫婦だからって、常にお互いが納得していないといけないの?)

やりたいことに夫(夫婦)のお金を使う必要があるから?

(モラ夫の『誰のお金だと思ってるんだ』に洗脳されてません?)

 

ちょっと冷静になってみてください。

やりたきゃやって良いんじゃないでしょうか?夫に従う理由あります?

夫婦だからって束縛して、自由を奪う権利あります??

そんな心の腐った人に、認めてもらう必要ありませんよね?

 

つまり!夫に確認なんてしない!束縛されようが、思うようにやればいいんです。

後から言われるにしても、やりたいことはやりましょう!

 

この対処をするのは怖いと思いますし、覚悟もいると思います。

それにきっと想像通り、最初はモラ夫に怒られるでしょう。。

 

あぁ~!こうなるのわかってたのに!

と思うかもしれませんが、この行動ができるようになることが、

モラハラ回避・束縛回避の第一歩ではないでしょうか?

 

これまでと同じ対応をしていたら、なにも変わらないんです。

この一度一度の少しずつの❝自分の意思を通す❞ことで、自分を変えましょう。

本来の自分のよさを取り戻しましょう♪

 

「超自己中なモラ夫と離婚したい」でも動けない…揺れる心と不安!

続きを見る

 

おわりに

あなたの束縛経験に似たものはありましたか?

『それっておかしいよね?!』ってみんなが言うことは、やっぱりおかしいんですよ。

だから、怖くても、つらくても、従う必要はありません!

 

モラハラ夫の束縛で心が洗脳され始めていると、おかしいことにすら気づけなくなったり、

気づいていても諦めてしまったり、間違えた選択をする可能性も高くなってしまいます。

 

そうなる前に、自分の正当性や存在価値、

自分に自信を持つ心を取り戻していきましょう!!

モラハラ夫の束縛に屈しない

それがモラハラから抜け出す一番の方法です。モラ夫に何を言われても、従う必要はない!

自信を持っていて欲しいです。本当の自由を手に入れましょう!!

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
アバター

azuking

国内・海外問わず旅行が好き!海外だって1人で行くほどの、怖いもの知らずな一面も。現在は田舎移住ライフでのんびり生活をしています。心理学も好きで、良いのか悪いのか人間関係を観察してしまう癖も…。それも私らしくていいかな♪

-3. モラハラとの闘い
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2021 All Rights Reserved.