【最新の投稿!】

3. モラハラとの闘い 4.モラハラとの決別(離婚)

私って夫の操り人形…?!モラハラ夫からの洗脳の正しい解き方【7選】

投稿日:

モラハラ=洗脳…そんなことを聞いたことはありませんか?

実際にモラハラを紐解いていくと、被害者はモラ加害者に心を操られ、まるで

モラハラ人間の操り人形にされている状態で…。

なぜなら、モラハラ人間は被害者の心を操る『洗脳』が得意な生き物だから。

しかし、その洗脳は誰でも解くことはできます!

これまで色々やってみたけどダメだった…もう無理なんだ…

なんて諦めないで!

あなたは操り人形ではありません。操られるヒモを切ることができます!

今回は、モラハラの洗脳の解き方を一緒に学びましょう!!

 

モラハラは相手の心と精神を支配する『洗脳』って本当?!

モラハラについて色々調べてみると、『洗脳』という言葉を目にしませんか?

洗脳ってなんだか詐欺・騙す、あるいは思想的なことを思い浮かべるかもしれませんが、

私はモラハラも洗脳の一種だと思います。

 

しかも、脅すわけではないのですが…もし、モラハラ人間と別れられたとしても、

『別れ=洗脳が解ける(解けた)』というわけではないのでこの件は後でお伝えします)

それがまた厄介なんです。それほどモラハラと洗脳って、根が深い関係ということ。

 

 

じわじわと…あなたの心を支配して、自分のために利用する、そんな洗脳ですので、

知らない間に気力を奪われてしまいます。生きる気力、やる気も…プラスの感情も。

広い意味で言うと、人としての喜びや自由を奪われるということです。。

 

なぜ、そんな洗脳のような現象が起こるのか…なぜあなたは洗脳されたのか

または、モラ本人は意図的に洗脳しようとしているのか…など、

まず始めに、モラハラが洗脳といわれる理由について、考えてみましょう。

 

モラハラ人間に『洗脳される人』と『洗脳されない人』の違いは?

同じモラ人間に対峙しても、モラハラに遭う人・遭わない人がいます。

その違いについて、冷静に考えたことはあるでしょうか。

確かに、モラハラに遭いやすい人っているんです、そしてそれがあなただった…。

 

あの人にはそんなこと言わないのに、なんで私だけ?!

ってことあると思うんですよ。そのターゲットにされない『あの人』と、あなたの違い

それは、

洗脳できる言いなりになる人か
②モラ人間にとって得になる人か否か

 

つまり、シンプルに言い換えれば…

自分に心を寄せる相手(モラる隙がある)か、敵に回さない方が得なのか。

ということの違いだと思うんです。

 

というのも、モラハラって『人を選んでやっている』って言いますが、

モラハラに落ちる相手か、モラ台詞を小出しに発しつつ相手を試してチェックしたり、相手の普段の言動を敏感に見ていたりして、

自分を攻撃する人なのか・メリットのある人なのか判断してると思うんです。

 

 

メリット・得になるのは、その人と仲良くしておけば、自分の自慢要素になる人や、

自分の強い味方になって守ってくれる人、みんなから好かれている(評判の良い)人

こんな人を敵に回したら、モラハラ人間にとって損しかありませんから。

 

問題は言いなりになる(洗脳できる)人。

言いなりってザックリしているので、言い換えると、相手に心を寄せる人のことではないでしょうか?

逆にいえば、相手に惑わされない自分を持っている人は洗脳できません。

 

なぜなら、モラハラ人間にどんなことを言われたとしても、

相手は相手、自分は自分という一線をおけていて流すべきことは流し、

自分に必要な情報をしっかり取捨選択できているからです。

 

 

相手に心を寄せるのは人として必要なことですが、モラハラ人間はそれを利用します。

その優しい心に漬け込むモラ人間の要求が、行き過ぎている時に、心の線引きがあるかないかの差が、モラに洗脳されるかの違いだと思います。

 

極端な話、自分を傷つける相手を近づけない選択ができるか。真に受けないで振り回されないでいられるかどうか。

 

…まとめると、自分を大切にできる人であれば、

モラに引っかからずに、深入りしない・心に忍ばせないでいられるのだと思います。

奴は…心の隙を狙って言いくるめるので、洗脳が進んでいくのではないでしょうか…。

全く話し合いにならない夫の弱点とは?彼の鼻へし折ってみませんか?

続きを見る

 

彼の言い分にねじ伏せられて、気づけば彼の『操り人形』状態に…

相手の思うように、心理コントロールされている状態。

それが、洗脳と呼ばれる理由ではないでしょうか…。

相手は態度や言葉で、あなたの心を萎縮させて抵抗力を奪っていきます。

 

相手は無意識でやっていて、なんの疑いもなく本気で、自分は正しいと思っているので、

こちらが戦おうとすればするほど、一層深みにハマる状態です。

でも…本来は戦う必要も勝つ必要もなく、逃げれば済むはずなのですが…。

 

離れるという選択肢すら見失うほどの洗脳…ということなんですよね。

相手のご機嫌・顔色をうかがい、自分を責め、怒らせないようにし…

もはやモラ夫のおもちゃ・操り人形状態。彼の怒りや不満の捌け口にされてしまいます。

 

 

このツイートのように、上手に相手を不安にさせる言葉を利用し、

相手の弱みや落ち度をとことん攻撃して言い返せないようにさせる。

抵抗したところで、それをも超える屁理屈で、ねじ伏せる…。

 

もう敵いません。。

 

そうして、自我を殺す習慣がついていき、相手の手の中で生きるようになっていきます。

問題は、相手の手の中で抵抗すればするほど、洗脳も深まっていくということ。

…モラハラの洗脳を解かない限り悪化するということです。

 

うまくやってくのは不可能。なにをどう工夫しようが。あなたがどれだけ頑張ろうが…。

相手には届きません。たまに優しいのはモラ特有のハネムーン期です。

勝つのも、相手にわからせるのも、相手を変えるのも不可能それは忘れないでください。

 

モラハラ加害者は無意識でやってる?本当に本当に…自覚ないの?

続きを見る

 

夫に洗脳されてると気づいた!モラハラ洗脳の解き方【7選】

モラハラに気づいているのに、なぜ抜けられないのでしょう?

この悪循環は、被害者の方が一番傷つき苦しんでいることだと思います。

私も、納得いかない!と思いながらも、抜け出し方がわからず長年我慢していました。

  • この人といる苦しみは、私がどうなれば終わるのか…。
  • どう考えるようにすればうまくやていけるのか…。
  • モラ夫に言われない自分になるにはどうしたらいいのか…。

自分を相手にフィットさせようとしたこともありましたが、

どれだけやっても、一向に改善の余地なし。

なにか他の方法は?と考えて色々やってみても、こちらの心は何度も砕かれます。

 

逆に、相手をとことん責めたい・変えたい思いもありました。

と…。要はどうにかして仕返ししたい、痛い目に遭わせたいという思いです。

 

色んな感情や思いはあるのに、どうしようもない…

自分を変えよう・相手を変えようあらゆる角度から考えても解決できない苦しい日々。

これこそが、モラハラの洗脳の証なのではないでしょうか?

 

相手もモラハラを無意識にやっているんですが、実は、

被害者も無意識に、心を支配された考えしかできなくなっているんです。

それこそが洗脳でもあり、いかに抜け出すのが大変かってことでもあるわけで…。

 

だからって、諦めないで欲しいんです。

正しくモラハラの洗脳や呪縛から脱出さえできれば、必ず大丈夫!!

 

被害に遭ってしまう人の性格・相手のモラハラのレベルによっても、

洗脳が解ける時間や解き方も変わってくるのですが、焦りは禁物。

 

酷な話なんですが、モラハラと気づいてとりあえず離れることに成功したとしても、

せっかくモラハラ男と別れたのに、新しい恋人もまた変な人だった…

というように、❝ダメ男・モラ男ばかりと付き合ってる❞…って人もいます。

 

これって、男運がないわけでもなく、別れただけで、正しく洗脳を解くことなく、

解放された気になってしまっているから。これが最初に触れた、

『別れ=洗脳が解ける(解けた)』というわけではないのからくりです。

 

モラハラの洗脳の解き方っていかに重要かわかったところで、いよいよ!

実践して欲しい、モラハラの洗脳の解き方・モラハラから解放されるためのハウツー

ご紹介します。モラ夫との生活に比べたら簡単なことばかりなので、お試しあれ!

 

絶対許せない!モラハラ夫の暴言…この恨みと苦しみはどう晴らす?

続きを見る

 

①洗脳に直結する『共依存』について正しい知識をつけましょう!

モラハラされる人にも原因はある

って言葉をたまに見かけますが、とっても乱暴でイラッとしますよね。

モラハラを単純に考え過ぎな発言だし、❝原因❞って言い方は違うと思うんです。

 

たまたま性格が合致しただけ。なんなら、モラハラ加害者に『そうされた』だけなんです。

ですが、原因とは言いませんがそうされる要素があったということ。

これは事実なんだと思います。(モラハラの親子関係夫婦関係はまた別ですが…)

 

洗脳って、つまりは共依存であり、❝相手ありきの私❞になっている状態です。

相手はあなたに、不覚でしょうがあなた相手に依存している関係ってこと。

これは自覚しておいてください。モラハラ被害者になる気質がある事実を…。

 

 

…でも、そう考えるとどうですか?

あんな鬼のような人間に、私も依存してるとか超イヤ!!

って思いませんか?その気持ちを大事にしてください。

 

私にも原因があるのか…と落ち込むのではなく相手にそうされたことへの、

苛立ちや怒りを、自分を変える力・モラハラから逃げる力にシフトさせましょう!

※ここで言う❝依存❞は金銭的なものではなく、❝精神的・心の意味❞で、です。

 

また、この苛立ちや怒りのパワーは、仕返ししよう・懲らしめようという方向には

使わないようにしてください。ほんとにムカつくでしょうし、気持ちはわかりますが、

そちらにいくと、相手ありきの思考から抜け出せません。

 

 

②『モラハラ』であることを自覚して、自分の本音に向き合おう!

『自分はモラハラに遭っている』…この事実を、しっかり自覚してください。

モラハラかな…モラハラかも…ではなく、モラハラです。

まさか自分がという驚きもあるでしょうが、気付いた事実を濁さないで現実をみましょう。

 

そして、相手の言うことについて考えるのではなく、相手のことはいったん置いて

自分の本音を考えてみてください。本当はどうして欲しい、どうしたい?

頭の中で考えていてぐちゃぐちゃになるのであれば、書き出していくのもアリ。

 

ここで注意して欲しいのは、先ほど触れた、ハネムーン期に惑わされないことです。

彼にも良いところもあるし…優しい時もあるし、正しい時もあるし…

と歩み寄ろうとするのはNG!そう考える時点で自分を責めてしまいます。

 

 

最初にお伝えしたように、歩み寄るとか心を寄せるのではなく、

相手を責める言葉や考えが出てきたとしても、❝こんなこと思う私はいけない❞

と考える必要はありません。むしろ、そんな自分もいて良いんです。

 

どんな感情だろうが、モラハラ夫からボロクソに言われそうな本音だろうが、

たとえそれが世間的に悪いとされる気持ちだろうが、そこでもがかないでください。

そんな本音を持つ自分を許して、ありのままの自分の本音を受け入れてみてください。

 

怪獣モラオ
大体お前はなんでいつもそうなんだ!

といつものごとく嫌味を言われたとしても、この習慣をつけていけば、

こんな私でなにが悪い?!これがあんたが選んだ嫁よ(笑)
わたし

くらいに言い返せるようになっているかもしれません。

 

これまでのモラハラ夫の言動で、きっとどこかで、自分がいけないとか、自分が悪いって考えさせられる習慣がついていると思うんですが、

それはモラ夫からの心理操作でそうさせられただけなんです。

その心理操作を外すため、今一度、自分で習慣を上書きしてみましょう!!

 

モラハラ夫の束縛は洗脳…「妻の自由は許さない」への対処法は?

続きを見る

 

専門家・心理カウンセラーなどの力を借りて自分を取り戻す!

ありきたりのような提案で恐縮なのですが、やはり、

心のケアのプロの力を借りるのは、一番のオススメの方法です。

こんなに手っ取り早く、適切な手段はないのですが、気が進まないって方も多く…。

 

というのも…どうしても日本では、心療内科・精神科に抵抗を感じる人が多くて、

近所の人に、クリニックに入るの見られたくないな…

とか、クリニックに行っている人に深く聞いちゃダメとか、語弊があるかもですが、

可哀想とか気の毒とか…良くないことみたいな感じで受け取りがち…。

 

さらに、メンタルクリニックの悪評なんかもネットなどでちょこちょこ見かけます。

こんなことを言われて行く気をなくしたとか、先生がどうだったとか…。

行っても無駄と思っている人、行く勇気がない人もいると思うんですよね。

 

 

最初は勇気がいるでしょうし、クリニックの医師やカウンセラーとの相性はあるので、

クリニック選びは慎重になった方がいいとは思うのですが(長期戦覚悟で)、

生きやすい人生を過ごすための強い味方だと考えてください。

 

人によっては、通っただけで自分の心に気づき、モラハラの洗脳が解ける人もいますし、

モラハラの洗脳の期間の分だけ、解けるのに時間がかかる人もいます。しかし

正しく自分を取り戻すサポートをしてくれる場所だと思います。

 

ちなみに、クリニックによるかもしれませんが、私の場合、

主治医と話した診断の結果、心の病気の診断をされて(若干ショックでしたが…)

そのおかげでカウンセリングが保険適用になりました。

 

カウンセリングとかって、高いんじゃないの?

と不安のある方は、先生に相談してみても良いですね!

精神科・心療内科に行くことは、恥ずかしいことでも、後ろめたいことでもありませんよ♪

 

 

④モラハラ夫の発言は『誰のためになるのか?』を冷静に判断する

モラハラ夫の発言の一つひとつを疑ってかかってみましょう。

最初はすごく大変で面倒かもしれませんが、夫の一つひとつの言葉を、

その発言は、一体誰のためになることなのか。。

というふうに、鵜呑みにせず、一度冷静に考えてみてほしいんです。

 

私もこれまで散々モラハラ夫に、

怪獣モラオ
お前のために言ってるんだろ!わからないお前がおかしい!

と、威圧的・侮辱的に言われてきていて、

私がおかしいから怒らせたんだ…
わたし

と思い込んできていましたし、そうやって自分を責める習慣がありました。

 

そう信じてたんです、私がダメだからだ、私の落ち度だって。でも…

正確には、そう思わされてきていた。

でも…冷静に考えてみると、全部相手のためになることばかりなんです。

 

 

(この時、誰が悪い・間違えているという考えはいったん置いておいて…)

相手の言っていることは、あなたを従わせるための言葉じゃありませんか?

ちょっとここで、具体的にモラ夫がよく言うセリフを分析してみます。

 

怪獣モラオ
誰の金で飯食えてんだ!俺のおかげで不自由なく暮らせてるだろ!

って言葉…冷静に考えてみてください。こんな言葉、

モラじゃない人なら言いません。そんなこと言うなら結婚すんなよって話。

 

なんなら、『いつも家のことやってくれてありがとうね』って平気で言える旦那さんも

世の中にはたくさんいます。それに法的にも夫婦の財産は平等です。

こんなこと言われる筋合いはないんですよ、奥さんだってしっかりやってるんだから!!

 

万一あなたに浪費癖があったとしても、このセリフは言われる筋合いはありません。

だって、そうだとしても夫婦で協力して考えるのは当たり前だから。

モラ夫はこのセリフを言うことによって、自分の地位を高めたい・奥さんを従わせたいだけ。

 

 

続いて…このツイートのように、これもモラあるあるですが、

怪獣モラオ
お前は常識がないみんなそう言ってる!普通はこうだろ!

ってこのセリフ。ツッコミどころ満載ですね…。

 

そもそも、常識・みんな・普通はって…人それぞれ違うものですよね?

自分の常識は他人の非常識。その個々の違いがあってこその人間関係ですし、

あんたの言う普通が普通じゃないんだよ!(怒)
わたし

って話だし、それを強要する時点で相手を尊重する気がない証拠。

 

洗脳がまだまだ濃いうちは、モラ夫の言うがままに受け止めてしまうこともあるでしょうが、きっと、そんな日々の中でも、

その発言は引っかかる・許せない…っていうのがあると思うんです。

その都度、こうやって相手の言っていることを鵜呑みにせずに疑ってください。

 

 

あなたの言う普通ってなに?みんなって誰?常識ってなに?と、

自分の都合の良いように言っているだけの発言だと気づけるようになれば、

少しずつ、この人の言うことはおかしいと気づけるようになってきます。

 

この人の言うこと、鵜呑みにしなくていいや!!

という、気付きが蓄積されていくことで、相手に合わせなくて良い、

自分を責めなくて良いという、自分を守る思考が生まれてくることでしょう。

これを繰り返すことで、徐々に洗脳から抜け出し、自分を大事にできるようになってきます。

 

家事育児にダメ出しばかり…モラハラ夫の洗脳に要注意!

続きを見る

 

⑤親しい友人や自分の家族・両親などに、ありのままの現状を話す

ここで質問です。あなたは今の夫との関係を誰かに話せていますか?

自分の言葉で、今の状況を誰かに伝えているでしょうか。

話している・相談している人がいる場合、どんな人に相談していますか?

 

というのも…友人や自分の両親には心配かけたくないという思いがあったり、

夫婦のことは他の人に相談すべきじゃない・夫婦で解決すべきと思ったりして、

自分一人で抱えてしまうモラハラ被害者って多いんです。私の知り合いもそうでした。

 

夫婦のことを夫婦で解決しようと、相談や話し合いをしたところで、

解決するもなにも、マウントをしてこられ、相手の思うように進めるだけですもん。

※この話、ちょっと長いのでしばしお付き合いを!!

 

 

もしかしたら、本当は誰かに相談したいけど、

怪獣モラオ
夫婦の話を他人にするなんてみっともない!文句があるなら俺に言え!

なんてことを過去に言われていて、釘を刺されているって方もいるかもしれません。

他の人に相談なんてしようものなら、一層苦しめられる…
わたし

って思い込んでいる被害者もいると思います。

 

働くことも禁止されていたり、人と会う自由もなかったりする方もいるかもしれません。

なにをするにもモラ夫の監視がある状況という方も…。

でも旦那がいない隙目の届いていない時間ってありませんか?

 

そのタイミングで、自分の両親や、仲の良い友人に、勇気を出して、

現状のありのままを話してみてください。苦しみを聞いてもらってください。

話を聞いてもらうって、たくさんのメリットがあって、

  1. 自分の言葉で人に伝えることで、自分の心を認識できる
  2. 現状に対する他の人の意見を聞ける
  3. 話を聞いてくれる人がいる安心感で心が落ち着く   
  4. ストレスを発散できる・自分を解放できる    など

良いこと尽くしなんです!カウンセリングをオススメしたのも、

こういうメリットがあるから。今の自分のを、話すことで明確にさせましょう。

 

会って話せるなら会って会えなくても電話などでも良いので。

 

素敵な記事があったので、参考にしてみてください♪

 

モラ夫との生活で、孤独に追い込まれ、孤立させられているからこそ、

信頼できる人に話して欲しいんです。心配かける・迷惑かけるなんて思わないで!!

 

ただし、相談する相手には少し条件があります。

  1. 友人の場合は、モラ夫と会うことのない友人を選ぶ
  2. あなたのご両親にもモラ傾向があるなら、話さないで構いません
  3. あなたの話を親身になって聞いてくれる人を選ぶ

上記に該当する人がいない場合

こういった存在がいない・どうしても頼りたくない場合は…

 

1つ目については…相談した内容がモラ夫に筒抜けになるのを防ぐため、

モラ夫に繋がる危険がある人には話さないこと。共通の知り合い以外が望ましいです。

なぜなら、話を一層ぐちゃぐちゃにしてしまう人の可能性も否めないから。

万一、共通の知り合いだとしても、モラ夫になびかない人を選んでください!

 

2つ目については、モラハラから抜け出したいのに、モラハラ気質な両親に相談すると、

かえってあなたが追い込まれてしまう可能性があるからです。

それに、モラハラから抜け出していない人に相談しても、

我慢をするように言われたり、よくない考え方を教え込まれてしまうかも…。

 

 

3つ目についても、大事な話なんですが…勇気を出して相談したのに、

『まぁ気にしないで』『考えすぎだよ』『楽しくやろうよ』

なんて、ふわっとした言葉しか言わない相手であれば、相談するのはやめましょう。

 

というか…変な言い回しになるんですが、相談するのは、

あえて、自分の味方になってくれる相手を選んでください。

あなたを大事に思ってくれる友達なら、あなたの相談を聞いて親身になってくれるはず。

 

あなたの心の声にしっかり寄り添ってくれる相手に、自分の言葉で伝えることで、

モラハラ被害を自覚することもでき、潜んでいた自分の心の声をあぶりだすこともできます。

肯定的に聞いてくれる人がいるだけで、洗脳がパッと晴れることもあるんですよ♪

 

モラハラ夫に相談しても無駄なの?相談したら辛くなるだけなのはナゼ?

続きを見る

 

⑥モラ夫と心の距離を取り、現状・関係性を『客観視』してみる

ここでお話することは、モラハラの中核でもある反面…

少し厳しい内容も書きます。ですので、これ、ちょっとへこむ…って方は、

ここはパスしてください!でも超大事なことでもあります。その分、この話も少々長いのですが…

 

ちょっと想像してください。

 

目の前に、水がいっぱい入った激重なバケツも両手に持って、

『もう手が痛いし辛いんです…』と言っている人がいます。

そんな人を見てあなたは、

なんでこの人、そんなことしてるんだろう?なんかのバツ?

って、きっと思いますよね。

 

で、聞いてみます。

なんでそんなことしてるんですか?って。

 

 

すると相手は、『私は持っていないといけない人間なんです』と答えました。

しかも、手伝いましょうか?って言ったけど、結構ですって断られ…。

 

この返事を聞いて、『え?!意味わかんない…』って思いました?

『え…いや…バケツから手を放せばいいじゃない…?って思いません?

 

…実は、この両手が痛いですって言っているのがあなたなんです。

自分から重いバケツを持って、しんどいって言っています。やらなくていいのに自分からやって、苦しんでいます。

しんどいのに、なぜ手を放さないのでしょう。

 

手を放せば楽なのに、手放していないのは、その本人。そして、手放さないように言い聞かせたのは、モラハラ加害者です。

しかし…その本人は私は持っていないといけない人と、自ら思っていて、

そんな役割を自分から負いにいっている自覚がありません。

 

 

他の人からは、『そのバケツ、おろせば良いだけなのに…』と映ります。

というか、バケツ持ってろって言ってるのはモラ夫だけなのに、

『おろしたらどうですか?』と言われても、おろせない自分に気づいて下さい。

 

今自分に起きていることを、自分から切り離して、他の人に起きていることと考えて、

少し俯瞰してみましょう。その状況おかしいって気づけませんか?

 

自分にも感情・価値観があるので、自分に起きていることを俯瞰するって、

難しく感じるかもしれないのですが、今の自分を、はたから見るようにしてみると、

驚くほどサラッと洗脳がとけることもあるんです。

 

 

自ら重いバケツをおろす・手放す=洗脳を解く

ということであって、これも、とっても重要なことなんですよね。

私も、当時は自ら重いバケツをかかえてつらい…苦しいともがいてました。

 

しなくていいことをして、なぜ苦しんでいるのだろう…自らハマりに行ってない?

そう気づくと、スッと楽になったんです。

 

こうでないといけない、こうしなきゃダメ。

夫にこう言われるからこうしておかないと…言われないようにこうしよう…

 

と、夫に言われて自分が勝手に作ったルール、捨てても良いんじゃないでしょうか?

ネガティブな方向に持っていっていた❝自分への気づき❞を、大事にしてください。

 

 

こんな感じです、俯瞰で見るって。主観を捨てて、シンプルに現実を見てみると、

モラハラされに行っている自分に気づくこともあります。多分、この原理が、

モラハラされない人が言う『モラハラされる人にも原因がある』の言葉の、掘り下げた解釈なんだと思います。

 

逃げたって良いんです、その重いバケツおろしたって怒るのはモラハラ人間だけだし、

他の人からしたら、『おろして楽になって良かったね♪』って言われることでしょう。

無意識に自分からモラられにいっていたと気づけたら、

洗脳から解き放たれる最短ルートになると思いますよ♪(実体験です)

わかりやすい記事を見つけました♫

 

⑦モラ夫と物理的な距離を!近くにいないことが洗脳を解く鍵!

これまたありきたりの提案で恐縮なんですが、

モラハラ夫から物理的な距離はとれないでしょうか?

(そんなことはできないという❝思い込み❞は捨ててください)

 

別居・実家に逃げる(家出)・シェルターなどに逃げるというのもひとつですし、

離婚というのもひとつの選択肢です。家庭内別居状態にするのも、

条件によってはアリはアリ。(※ただし、デメリットもあります)

 

物理的な距離=必然的に心を労わる時間が増える。

これは本当にあると思います。一緒にいる限り、モラの攻撃はエンドレスですから、

とにかく、そのあなたを不安にさせる原因から離れるのはとても大切なこと。

 

 

逃げるのも洗脳の解き方としては、かなり効果はあると思います!

ただし、注意点もあって、せっかく離れているにも関わらず、

罪悪感を感じるとこのないように!!

 

怪獣モラオ
これだけやってきてやったのに、お前はなんて薄情なんだ!

と、逃げている間にも言われることもあるかもしれません。

私は相手を裏切る行為をしてしまっている
わたし

というように、相手はあなたが悪いという罪悪感を植え付けようとします。

 

そもそも、これまでのモラハラ生活でも、散々、罪悪感を植え続けてきたモラ夫。

きっと離れている・逃げている間にも、あなたの心の中には罪悪感が生まれると思います。

私も逃げた時、そう感じていました。

 

 

モラハラ夫と物理的距離を置く目的は、モラハラ夫に対する罪悪感をなくすため

でもあるので、せっかく距離をとったのに、罪悪感から戻ろうろしてしまうのは、

それだけ恐怖を感じているから・洗脳が濃い証拠だと思っていいと思います。

 

ですから、もし物理的に距離を取れる時間ができるのであれば、

  • 自分の心の苦痛を吐き出す(友人などに相談する)・自分の心に向き合う
  • やりたいことをやる時間にする
  • モラハラ夫のことは考えないようにする

など、いないからこそできることにフォーカスしてください。

 

もし、罪悪感を感じたり、恐怖を感じたりした時は、

これは私が悪いのではなくて、モラハラ夫に植え付けられた罪悪感なだけ!

と、自分に言い聞かせるようにしてみましょう。決して自分を責めないように。

むしろ、責める必要なんてない、そのことを学ぶために離れるのですから!

 

「モラハラ夫から逃げる」ことを決断できないあなたへ!

続きを見る

 

自分に自信を持つのが一番の洗脳の解き方!でも…どうやって?

洗脳を解く鍵は、自分に自信をもつこと。自分に許しを与えることを覚えることです。

これまでにモラハラ夫から根こそぎ奪われた自信や、自分を守る心を取り戻すには、

自分を大事に思う気持ちを取り戻すのが、一番の方法!!

 

今後の自分のためにもなる上に、洗脳が解けるなんて、

最強で最高な手段じゃないですか♡

 

でも…これまで散々モラハラ夫から虐げられてきたんですから、

わたし
自信を取り戻すとか、自信をつけるってザックリ言われてもどうやって?

って思いますよね。私も『そうは言われてもどうやって…?』って思ってました。

 

 

自分に自信を持つって、きっと、自分を好きでいることとか、

ありのままの自分を褒めること・受け入れることだと思うんですよね。

誰になんといわれようが、自分で自分を認めてあげていたら、それでOK♪

 

モラハラ夫にいためつけられた分だけ、時間はかかるかもしれません。

でも、少しずつ❝自分、好き♪❞の感情を積み重ねていけば、

モラハラ夫に取り合わない・モラハラされない自分になれるものなんです!(実体験)

 

今すぐあなたもできる、自分を好きになる方法・自信を取り戻す方法を、

いくつかご紹介しますので、ぜひ!騙されたと思ってやってみてください!!

キーワードは成功体験を積むこと。それを意識して読んで欲しいです。

 

『できること』『できたこと』にフォーカス!プラスの積み重ね♪

あなたにとって❝当たり前❞と思ってできたこと・できることって、

他の人からしたら、簡単じゃないこと・誰しもができることではないこと

というケースが案外あるものなんですよ。

 

つまり、それをできているあなたは素晴らしいってことなんです!

 

たとえばあなたが専業主婦で、散々モラ夫から、

怪獣モラオ
家のことしかしていないくせに!ろくに稼ぎもしないで!

と言われてきたことにより、

私なんて家事しかしていない…ひと様より劣る人間…
わたし

って思っていたとします。

 

しかし、世の中には、むしろ家事が苦手・嫌いでできない人なんてたくさんいます。

そういう人からしたら、専業主婦できる人ってスゴイんです。

自分の常識は他人の非常識ってさっき言いましたが、これもそういうこと。

 

 

あなたにとって当たり前レベルのことであろうが、それをできない人もいます。

ないものを見つめて落胆するのではなく、あるものを見つめて、

それは素晴らしいことなんだという認識にして欲しいんです。

 

これしかできなかった…ではなく、これだけできた!というできた方にフォーカス。

あなたの思う当たり前には、素晴らしいできることが潜んでいます!!!

小さい積み重ねが気づけば、❝自分って素敵!❞の感情に繋がるんですね♪

 

参考記事

 

信頼できる人にどんどん『本当の自分』『本音』をさらけ出して!

実は私、以前、人と話すことが苦手だったんです。

とっても疲れて、できればあまり人と関わりたくないくらい。

なぜなら、嫌われるのが怖くてNOが言えなかったから。

 

というのも…やっぱりこれもモラハラ男の後遺症や影響があったんです。

人の顔色を見てしまう習慣があって、気を遣いたおしていたところがあって…。

普段の生活で、自分の感情を伝えようものならば、とことん否定され、

私はダメだという扱いを受けてきたため、自分を出すのが怖くなっていました。

 

 

だから(と言ったらモラハラ男のせいにしているみたいですが)、

こんなこと言ったら嫌われてしまうかも…こんな悪い自分、人に見せてはいけない!

と、ネガティブなことを伝えることができなくなっていて、

当たり障りない『良い人』でいることに徹するように…。

 

しかし、その我慢や本音を言わないままの生活をしていても、

本当の自分が周りから理解してもらえるはずはありません。人と関わるほどに、

この苦痛は増加する一方なんですよね。でもそれじゃ、もう疲れます…。

 

そこで、最初はめちゃくちゃ勇気がいりましたが、

ネガティブな本音だろうが、人と話す時に伝えてみることを意識してみたんです。

(そりゃ、嫌われるかもと思っている本音を伝えるんですから怖いです!)

 

 

そしたら、自分が感じていた嫌われる恐怖はどこへやら!

普通に受け入れてくれるじゃありませんか♪

むしろ、ありのままの自分を出したことによって、仲が深まった人が多い!

 

そして、何よりも自分も気が楽になったんですよね。

ありのままの自分を出しても、自分って人から受け入れてもらえるんだ!

この成功体験・自己肯定感を積んでいくことで、自信になっていったんです。

 

モラ夫にいつも『自分が悪い』と言われてきたかもしれませんが、

案外ありのままの自分は他の人からは受け入れられます。

この気づきと、自分って案外いいじゃん♪って感情を、蓄積していってくださいね!

 

 

 

おわりに

モラハラ夫からの洗脳を解くためには、

  • 自己肯定感を高める
  • ありのままの自分を許す・認める
  • 成功体験を積む
  • モラハラを自覚して強い意志を持つ
  • 状況を俯瞰して見てみる

などを挙げてみました。そして、ポイントは

自分を責める考え・モラ夫の言うことは一旦置いておく。

 

共通していえることは、きっと、自分を大切にする・自分を好きでいる

ってことだと思うんです。モラ夫の言葉は二の次!あなたはどうしたいか。

 

モラ夫になにを言われようが関係ない!あなたはあなた♪

なにを言われようが、自分は価値がある人間だと思ってください。

モラハラ人間なんかより、よっぽど素晴らしい人間ですよ!

 

ありのままの自分を見せても、仲良くなれる人も、幸せでいられる人もいます。

なぜなら、モラハラに遭う人って本来、とっても優しくて、人に配慮ができて、

人から大事にしてもらえる人だからです。

 

たまたま、そのあなたの優しさを、悪用するモラハラ人間に利用されてしまっただけ。

少しずつ、ここでご紹介した洗脳の解き方を、試していってみてください。

関連コンテンツ

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人

azuking

国内・海外問わず旅行が好き!海外だって1人で行くほどの、怖いもの知らずな一面も。現在は田舎移住ライフでのんびり生活をしています。心理学も好きで、良いのか悪いのか人間関係を観察してしまう癖も…。それも私らしくていいかな♪

-3. モラハラとの闘い, 4.モラハラとの決別(離婚)
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2022 All Rights Reserved.