【最新の投稿!】

2. これってモラハラ? 3. モラハラとの闘い

あの優しかった夫の性格は変わってしまった?モラハラに豹変する理由とは?

更新日:

交際前、交際中、結婚前までは優しかったのに…

夫の性格が変わったと感じていませんか?

あの頃の夫を信じたい。いつかは戻るだろう…

そんな気持ちがあるかもしれませんが、残念ながら、

その夫の性格の豹変は、モラハラ人間の常套手段。

戻る日も、治る日も、永遠に訪れません…。

今回は、結婚後に夫の性格が変わった理由モラハラ人間の正体にフォーカスして、

モラハラ夫に落ちてしまった原因を追究してみましょう!

いま思えば交際中から…!信じがたいモラハラな夫の言動とは?

続きを見る

 

夫の性格が変わった…昔は優しかったのにモラハラ男に豹変?!

先に結論をお伝えしますが、モラハラの場合、性格が変わったのではなく

それが、その人の本当の性格で、今までは演技だったんです。

演技というか、モラハラに陥れるための心理作戦って言った方が分かりやすいかも。

 

これまで夫は、モラハラに陥れるために、我慢してきただけなの…。

その証拠に、モラ夫から言われたことありませんか?

怪獣モラオ
俺は我慢してるんだぞ!!

って…。。俺が我慢してやってるから、これまでやってこれたとかさ。

 

つまりね、夫の性格が変わった…と感じているのであれば、間違い。

最初に見ていた夫の姿は、我慢して良い人ぶってる姿ってこと。

本当に優しい人が恩着せがましく、

『俺は我慢してやってるんだ!』なんて、言うはずがないんですもの。

 

人が変わったかのように、『ある日突然、モラハラになった!』

なんてことはありません。舌打ち、暴言、恩着せ、無視、束縛などで、

じわりじわり、小出しに心理的に妻を追い込む、それこそがモラハラですから。

 

今モラハラに悩んでいる方で、それが夫の本性ということを知らない場合、

  • どうしてこうなったんだろう…
  • いつからこんな風に変わったんだろう…
  • なにがきっかけで変わったのか…

なんて考えてしまうこともあるかもしれません…。

 

わたし
昔は、頼り甲斐がある優しい人だと思ってたのに…

って、貧乏くじ引いたくらいに思っていませんか?でも、よく考えて?

あなたが選んで、その夫に飛び込んでいってしまったんじゃないでしょうか…。

 

っていうと、ちょっときつく聞こえるかもしれませんが…。

でもね、見事にモラハラ夫の心理操作に騙されてしまった…それは事実なんです。

まず、苦しくても、それはわかっておいて欲しいです。

(※責めてるんじゃないですよ♪)

 

モラハラ夫のピュアな演技にあなたも騙された派?

続きを見る

 

モラ夫の心理作戦にハメられた!?夫の性格が変わった理由

結婚してから、夫の性格が変わったのではなく、本性が出ただけ。

そう、見事に心理操作をされて、被害者になってしまったんです。

性格が変わったというよりは、正しくは化けの皮が剝がれた。

 

モラハラ人間って、日々の会話や行動で、

こいつは自分の罠にハマるか?!

というのを、バッチリ見ています。こいつは言う通りになるかな?って。

 

だから、サイコパスだとか思う方も多いのですが…

モラハラ人間って、モラれる相手か否かを見極める目がずば抜けていて、

ちょっとしったきっかけから、モラを仕掛けているんですよ。

わかりやすい記事があったので参考にしてください♪

 

そんなからくりのため、モラハラの本領を発揮しだした頃には、大惨事。

妻は日々、コツコツと夫の思うように心をコントロールされてきたため、

  • 何年もしてからモラハラに気づいたって人
  • モラハラに気づきもしていない
  • 人から言われて初めてモラハラって気づいたって人

が、非常に多いわけで。

それだけ巧みに心理操作をされてきたってことでもあり、

自分がモラハラに遭っていると気づけないほど、ハマってしまったともいえますし…

具体的に夫の性格が変わったと感じるその、心理操作の詳細を学んでみましょう。

 

昔と性格が変わったのではなくそれが『モラ夫の本性』です!

何度も言って恐縮ですが、夫の性格が変わったのではなく、それが本性。

付き合ってから、結婚前までも、きっと小出しにこういったことはありました。

恋は盲目といっちゃなんですが、昔はそれを、

わたし
ちょっと気になるけどまぁいっか♪ちょっと機嫌悪いだけだろう。

くらいで流してきてしまっただけなんです。

 

付き合っている人と、初めから別れを前提にしていることはないでしょうし、

他人同士なんだから、歩み寄って、時には譲ることも必要って思うのはいたって普通のこと。

ちょっと気になることがあっても、プラスな面にも目を向けて、

上手に一緒にやっていきたいって思いますもん。

ただ、そういった『理解しよう』という心理を利用して、実際は、

少しずつモラハラ人間の魔の手が忍び寄っていたんです。

 

だから、性格が変わったように思うだけで、実は徐々に夫ナイズされてきていたってこと。

言葉巧みにあなたの心を、俺ワールドに引きずりこんでいたんです。

夫の思惑通りに、見事にハマってしまってやり過ごしてしまったわけで…。

 

ちょっと考えて欲しいんです。

そのモラハラの魔の手に落ちなかった人もいるわけじゃないですか?

モラハラ人間の心理操作に乗せられない人もいるわけ。

 

逆に言えば、モラハラの手口に引っかかりやすい性格の人もいるってことだし、

それが、自分だったってこと。ここは冷静に受け止めて欲しいです。

モラハラ克服には、まず、

モラハラの餌食になってしまった己の性格に向き合う必要があるから。

モラハラ夫と相性がいい女性なんている?意外と身近に・・

続きを見る

 

前兆はあったはず!見過ごしていたモラハラ言動はありませんか?

夫の性格が変わったと思っている方!結婚までのことを、思い返してください。

今思えば、現在のモラハラに通じる前兆ってありませんでしたか?

 

なにかあった時に、彼から謝られたことってありました?

なんだかんだ正論っぽいことを言われて、なんとなく流してきませんでしたか?

反省してる様子を見せてきて、わかったような顔されてきませんでした?

心配しているふりをして、「君のためを思って言うけど…」って、

キツイことや拒むようなこと、言われてきていませんか?

 

当時は、あばたもえくぼで、

それすらも強い男性・男らしさと思っていたのではないでしょうか?

わたし
ん???なんか変だ。。

って気づいたとしても、気にしないようにしてきませんでした?

ちょっと、冷静になってみて!

当時のことを振り返って、考えてみましょう。

この人しかいない!この人ほっとけない!私を思ってくれてるんだ!

って感じていたの、もしかして間違えてません?

モラハラの気づきポイント

  • 頼り甲斐のある人➡もっと俺に依存してくれ、もっとたたえてくれ!
  • 人当たりの良い人➡人前では良い人ぶりたい、外面のよさなだけ
  • ずっと一緒にいたがる➡友達が少ない、束縛したい、嫉妬
  • 芯がある、しっかりして見える➡ただの自己中頑固譲らない謝らない
  • 傷つきやすく繊細➡守って欲しい、つけないで!モラハラ人間の心の闇
  • 君のために言うけど➡俺の言う通りにしておけ、俺の意のままにしてろ
  • 過剰な愛情表現➡俺から離れさせない俺がいないと生きていけなくなれ

 

挙げ出したら書き切れませんが、昔あなたに良く映っていた姿、

それは裏を返せばモラハラ人間の特徴からきていることもあります。

頼れるように見えていた(見せていた)だけ、ピュアぶってあなたに依存しているだけ、

よくよく考えたら、否定されること多かったかも…なんて心当たりませんか?

 

交際中から、小さなモラハラは炸裂していたんではないでしょうか。

 

絶対許せない!モラハラ夫の暴言…この恨みと苦しみはどう晴らす?

続きを見る

 

結婚を機に本性を出すのは、離れられない関係になったから!

結婚してから、モラハラ言動が一層キツくなることは多々あります。

なぜなら、結婚をしたことで、モラハラ夫の中で

離れられる・逃げられるリスクが軽減されたからです。

手加減する必要がないからね…。

 

モラハラパーソンが1番恐れていることは、人から見限られたり、見捨てられること。

モラなりに、完全に自分のものになるまでは、獲物に逃げられないように

見捨てられないように、本性隠してるのよ。。

 

結婚した以上、離婚は簡単にできない、それが夫にとっては好都合ってわけ。

普通みんな、離婚する気で結婚しないし、結婚しちゃうと離れる時に、

財産分与だの、子供がいたら親権だのいろいろ出てくるしさぁ…。

思い切って離婚を切り出したとしても、応じてくれないのもモラハラの特徴ですし。

しかも、モラハラ夫を持つ大半の方が、

離婚したいけど、できない…と悩んでいることも多くて、

モラハラとわかっているのに、抜け出せない心理状況になっているのも事実。

 

『結婚』したことによって、さらなる豹変をして、モラハラ武装を強めた夫に、

日々、心の健康を奪われてしまっています。

この人に出会う前には、あったはずの元気も笑顔も抵抗力も失っていませんか?

 

『夫の性格が変わった…』『これはモラハラなんじゃないか…

そう思っても、結婚の法的呪縛から逃れられなくさせられていくのです。

モラハラによりパワーを吸い取る夫、空っぽになる妻、そんな関係ができあがります。

 

夫のモラハラで「うつ病」になる前に気を付けるべき事は?

続きを見る

 

夫の性格が変わってモラハラ男に?なぜ気づけなかったのか?

夫の性格が変わったって思っている方もいるかもしれませんが、

変わりゆく夫(正確には徐々に現した奴の本性)に合わせてきませんでしたか?

うまくやろうとしたり、まぁいっかと許したりを繰り返して…。。

 

わたし
ムカついた時は言い合いの大喧嘩もしてきた!!

って言うかもしれませんが、その都度、

  • 猛省しているかのように弁解する彼を許してきた
  • スッキリした後、ケロっとしてる彼を受け入れてきた
  • これ以上揉めるとややこしくなるから諦めてきた

こんな風に、モラ夫の行動を受け入れたり許したりしてきませんでしたか?

そうやって、別れるチャンスはあったのに、情に流されて、

彼を見放す選択をしてこなかったことこそが、洗脳とモラ悪化の原因だったんです。

 

モラ夫にとっては、その女性の優しい許しや受け入れ、諦めの対応は、

怪獣モラオ
ここまでやっても、俺から離れないってことだね!

という、洗脳の確信の目安になっています。

 

『ここまではどうだ?』『これやっても俺から離れない?』という心理勝負

小出しにしながら、相手を試し、どんどん麻痺させていく。

こうやって、ある程度の緩急をつけながら、飴と鞭で、上手に心を操る。

 

モラハラの場合、モラハラのハネムーン期とモラハラ期があり、

ハネムーン期にはとても優しく、一緒にいて幸せな時間楽しい時間も過ごせてしまうため、

どうしてもこの良かった時に戻りたいという気持ちが、さらに相手から離れがたくさせます。

このハネムーン期とモラハラ期は、まさにアメとムチです。

普段はムチなのに、たまにアメがでる、このたまにご褒美がくる状態に人は依存しやすくなります。

 洗脳に使われる手段でもあります。ですから、なおさら共依存に陥りやすく、抜け出せなくなってしまうのです。

引用元:あなたの笑顔を取り戻す【モラハラカウンセリング】

 

相手を試した(ムチ)結果、本当に離れてしまうかも…と思ったら、モラ男は、

また、したてに出てみたり、上手に尤も風な言い訳をしたり(アメ)して引き止める。

こうやって、洗脳をじわじわと浸透させていっていたんですね。

 

気付けないよう心をつかみ、相手の心をコントロールする、

そして、それを許し受け入れる、この関係こそがまさに共依存の原理です。

実は、こちらの対応がモラハラを受け入れる行動だったなんて…。

二人はなぜ惹かれ合った?そしてなぜモラハラに気づかなかった?

続きを見る

 

モラハラ人間は相手の弱みや優しさに漬け込むスペシャリスト!

気付けば、彼はモラハラ男に変わってしまっていた…

ではなく、そもそも、モラハラの素質を持った人だったわけですが。。

自己愛の塊でもあるモラハラパーソンは、ターゲットの心の動向を見抜くプロ。

 

自分が仕掛けた相手を試す発言に対するリアクションの仕方を見て、

モラれる相手か、得になるように媚びた方が良い相手か、自分を傷つける相手か…

相手との距離感を見定めているって感じ。

 

人によって、同じことを言われても、返答は変わってくるじゃないですか?

それで、奴は相手の人柄を試し、心に侵入しようとしてきます。

日々の何気ない会話から、少しずつ侵食していくので、

モラ言動の度合いが悪化していっていることに気づきにくいんですよね…。

 

たとえば、何気なくあなたが、『こんなことがあったの~』なんて話した時、

怪獣モラオ
お前はいいよな、俺なんてこんなことがあって、大変なのに

と返事をされたとします。これも立派なモラハラ心理操作の言葉。

あなたはそれにどう対処しますか?

 

え…この人、私の話より自分の話ばっかじゃない?やな奴!
わたし

って自分の話しかしない相手に、この人とは一緒にいたくない!って思いますか?

そっかぁ、大変だったんだね。私でよければ話聞くよ♪
わたし

って、大変だったと言う彼の心に寄り添おうって思いますか?

私ったら…彼の状況も知らずに変な話をしちゃった…
わたし

って、相手が大変な時に自分の話をして申し訳ない…って思いますか?

 

本来、どの対応も相手がモラハラ人間じゃなければ、普通の会話です…が!

 

モラ被害者になる要素がある人は、下の2つの回答をしたタイプ。

人の話を聞かずに自分の話しかしてこない相手に、

不快感を感じ、抵抗でき、距離を取る判断ができていれば

モラ被害者にならずに済みます。

 

こうやって、ちょっとの会話や行動から、

相手の心に入り込めるかチェックしてるんです、モラハラ人間って。

ココが被害者にならないポイント

相手に合わせない!空気を読まない!心を踏みにじる人は自分に必要ない!

 

『夫の性格が変わった』とも思わず、自分を責める被害者の心理

一番怖いのは、夫の性格が変わったとも思わず、自分を責める状況になること。

私が彼をそうさせちゃったんだ…私がいたらないから…

と、本気で思ってしまっている人です。。思わされているだけですが。

 

このパターンは、先ほどの会話の例で言えば、

相手の状況知らずに自分の話をしちゃったって思っているタイプの人が陥ります。

要は、自分を責めてしまうタイプの人ですね…。

 

参考になる記事があったので、気になる方はチェックしてみてください。

 

もし、夫の性格が変わったと思っていても、私のせいかも…

って思ってしまっていないでしょうか?自分を責めていませんか?

気づいてください。その苦しみや生きづらさは、モラハラ夫が原因って。

 

優しい人や、自分に自信のない人は、モラハラ夫の言動を鵜吞みにしてしまいがち。

私もね、昔はそうでした。なんでも自分が悪いって思うように仕向けられていました。

でも、そうじゃないんです、あなたはなにも間違えてないんですよ♪

 

モラハラ夫に洗脳されやすい被害者妻の「心理と性格」を考えてみた!

続きを見る

 

モラハラに気づいた私…性格が変わった夫と今後どう過ごす?

人が変わってしまったかのように、本性を発揮した夫。

きっと、今もなお悩んでいる方は、諦めや開き直り、イライラなど、

さまざまな感情の波が来ているでしょうし、うまくやる工夫もしていると思います。

 

これはモラハラなんだと気づいてしまったけど、どうしよう…

離婚すべき?本当は離婚できるならしたいけど、そう簡単にはできない…

これからどうやって夫と過ごしていこう…って悩みますよね。。

モラハラ夫の気分の浮き沈みに苦しんで、先を思うと気が重いと思います。

 

共存、離婚、別居など、色んな選択肢はあるでしょうが、

相手をどうこうしよう、変わってしまった夫とどううまく付き合うか…

ではなく、共依存を克服することを目標にしてみませんか?

 

きっとそれが、今後のあなたの道を決める最善の策です。

また、環境によっても道は変わってくるでしょうが、

このまま、あなたが我慢し続けたらどうなるか

も、併せてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

⇓共依存についての理解度の記事はこちら⇓

 

正しいモラハラ知識を身に着けて!冷静に今後を考えてみよう!

まず、夫の性格が変わったわけではなく、そもそも、モラハラ人間だった。

それを正しく理解するために、モラハラについて正しい知識をつけましょう!

特に、被害者になりやすい人の性格について知って欲しいです。

 

こう言ったら、

モラハラに苦しんでいるのになんてヒドイこというの?!

って、酷に思うかもしれないのですが…

モラ人間だと見抜けなかった自分に向き合ってほしいんです。

 

相手をギャフンと言わせたい!変えたい!仕返ししたい!って思うかもですし、

これ以上どうやって合わせよう…どうやってモラハラから逃げよう…って、

相手を軸に考えてしまう習慣・癖ができてしまっていませんか?

まず、相手に気をとられるのをやめて

自分がモラハラに遭わない人になった方が、よっぽどポジティブ♪

そう、相手に振り回されることをやめるのが第一歩!!

 

一度、夫云々は置いといて、自己肯定感を養うようにしてみましょう。

でもどうやって?自己肯定感って?ってなる方、分かりやすい記事があったので、

こちらのサイトを参考にしてみてください♪

 

日頃の夫の攻撃で、今あなたは、自己肯定感が低くなってる状態です。

そのままでは、どんな工夫をしても、モラハラから逃れることはできません。

 

まず、共依存になってしまった原因・自分の性格に向き合ってみてください。

きっとそれを続けていたら、モラハラ夫にビビるのもバカらしくなってきますし、

これまでのモラハラ夫への対応とは違った対応ができる自分になってきますよ♪

モラ夫の性格を変えられる?『変えたい!』を貫こうとした結果は?

続きを見る

 

 

子供がいる場合はどうする?自分と子供を守ることを優先して!

お子様がいらっしゃる方の場合は、自分だけの話ではないし…

と、我慢し続けていることも多いかもしれませんね。

どんだけ憎い夫でも、子供にとってはたった1人のお父さんですもの。

 

でも、子供がいる場合でもやはり、モラハラ被害者体質から抜け出すこと

第一に考えて欲しいです。子供って、お母さんの様子見ていますから。

笑顔で楽しそうなお母さんを見ていたいものですから。

 

それと絶対に捨てて欲しい考え方があります。それは、

私さえ我慢したら良いことだから…

という考え方です。自分さえ我慢したら、子供を悲しませないという発想。

 

子供のためには…って思う気持ちはわかるんですけど、

本当に、そんな人格の人が子供にいい影響を与えるのかも考えて欲しいです。

子供の幸せもそうですが、親の幸せ=子供の幸せって考えましょ?!

 

そう、このTwitterの内容、理解できた方は…危険です。。

あの人にもいいところはあるからとか、昔は優しかったからとか、

自分も悪かったからとか…私が我慢したら…とか。

 

もう、やめましょう?!

モラハラ夫をかばう考え方も、自分を責める考え方も。

あなたを苦しめる人なんです、なに言われても真に受ける必要のない相手。

 

媚びる必要はないし、好かれる必要もない相手なんですよ。

わたし
言われなくても悩んでるし!!

って言いたくなるかもですが、忘れないで下さい。

子供は、親の関係・発言・表情をしっかり見ていることを!

⇓モラ夫が与える子供への影響に関する記事はこちら⇓

 

 

モラハラを我慢をし続けた結果…あなたを待ち受けるものとは?

モラハラって、離婚をしたとしても、しばらくは『後遺症』のようなものが残ります。

私はちなみに、パニック障害がありましたし、

しばらくこれまで培ってきた、モラハラとうまくやる思考が抜けず…

 

その思考が抜けないおかげで、人の純粋な優しさにも少し臆病になってきたり、

無気力で自分がわからなくなり…共依存が抜けきらず、

また戻ろうとしてしまったり…。自分との戦いはありました。

 

私の場合は、2年のカウンセリングでやっと生きやすく楽しくなれましたが、

でも、これでも、離れてからの後遺症の話で…

このまま我慢を続けた結果、どうなると思いますか?

 

いつかはモラハラ夫の性格が変わって、また優しくなると思う?

ごめんなさい…それは絶対にありません。

 

我慢すればするだけ、あなたの心が苦しくなるだけです。

私の知っている、モラハラを我慢し続けている人の現実を、

ちょっとご紹介しますね。

30代女性

自分のことが嫌いで、私なんてと思うようになった。人生なんてつまらない。

40代男性(モラ嫁の方)

いつ死んでもどうでもいいや。自分のしたいこともわからないし、気力がない。

 

もう希望もなく、生きる楽しみもどうでもよくなってしまっています。

自分の人生なんてこんなもん、ただただ虚しいって。

伴侶が帰ってくるのが嫌で仕方なくなり、毎日ハラハラしています。

どれだけ我慢しようとも、工夫しようとも、どんどん心を擦り減らしていく状況。

 

その恐怖を終わらせるために、自分の心を変えましょう!

時間はかかるかもしれませんが、できます!!大丈夫。

サポートしてくれる窓口はたくさんあるから!

夫の暴言にもう疲れた…そんなときカウンセリングでできる事とは?

続きを見る

おわりに

結婚後、夫の性格が時間と共に変わったんだから、

月日が経てば、また変わることもある…はずがありません!!

 

シニアカップルになる頃にはきっと、また仲良く楽しく戻れる!…なんてこと、

ハッキリいます、99.9%有り得ません。

 

夫の性格が変わったと感じでいても、変わったんじゃなくて、

モラハラが本性を現して、あなたの心を壊し始めただけ。

良くなることはありえません。できることは、あなたが変わること。

 

みんなで励まし合って、自分に合う方法を見つけて、

モラハラ人間を鼻で笑ってやれるくらいの人間になりましょう!

このサイトにはその自分に合う方法がたくさん書いてあるから♪

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
アバター

azuking

国内・海外問わず旅行が好き!海外だって1人で行くほどの、怖いもの知らずな一面も。現在は田舎移住ライフでのんびり生活をしています。心理学も好きで、良いのか悪いのか人間関係を観察してしまう癖も…。それも私らしくていいかな♪

-2. これってモラハラ?, 3. モラハラとの闘い
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2021 All Rights Reserved.