【期間限定 !】

【最新の投稿!】

3. モラハラとの闘い

自己愛の塊の夫にモラハラだと気づかせたい!私が試した事と結果は?

投稿日:

話の通じないモラハラモンスターに、自分が「おかしい人間」なんだと気づかせたい!

世の中の秩序を守ることができていない、妻をこれだけ、これだけ苦しめている、狂ってる人間であると、どうにかわからせたい。

 

そして反省して、己を省みて、償って、心を入れ替えてもらいたい…。

果たして、モラハラモンスターである彼らに、それができるのでしょうか。

心の底から悩ましいことですよね。私の実体験をお伝えしていきますね。

 

モラハラと気づかせるために、私がやってみた方法

まずは、私が夫にそれを気づかせるために考えた方法をお伝えしていきます。

何をどう伝えても、全然理解してくれないモラハラ夫。

夫婦間の、この家のすべてのいざこざの原因はお前にあると断言し、絶対に自己を省みない男。

 

別に私は、夫だけが悪いと言いたいわけではありませんでした。

夫婦で生活していればいろんなことが起きるのは当然で、お互いに反省し、フォローしながら共に生きていくものだと、思います。

それが自然にできるご夫婦が、本当に、心底羨ましい…。

でも全てにおいてお前が悪いと言われてしまい、意見を言っても、まるで聞く耳を持ってくれない。

 

優しく言ってみれば、
「ガキ扱いするな」と言われ、

論理的に言ってみれば、
「俺を論破したいの?」なんて、方向違いの話になってしまう。

 

いや、そもそも、

いつも、いつの間にか話がすり替わっている

私はそんな昔の話がしたいんじゃない…!

 

でも、過去の傷口を抉られるようなことを言われて、冷静でいられなくなってくる…。

いつもいつも、そんな感じで話し合いにはならない。

毎日辛い言動に消耗し、それを伝えても伝わらない苦しみ。

 

これはもう、誰かに言ってもらうしかない。

私はそんな風に考えてみました。

 

モラハラを気づかせる① 親に言ってもらう

でも、誰かって誰?

まず思いついたのは、私の親とモラ夫の親です。

私は両方試しました。

 

まず、私の親です。

母は私の苦しみを理解してくれ、一度、モラ夫と面と向かって話をしてくれました。

これでわかってくれるはず!少しは私の痛みを…。

 

そんな期待を込めましたが、なんとモラ夫は、私と話している時と何も変わりませんでした。

母に対しても、ああでもないこうでもないとベラベラと喋り、まるで反省することはありませんでした。

結果、母をとても嫌な気持ちにさせてしまいました。

でも、この時、モラ夫が本当に狂ってる人間だという事、モラハラの恐ろしさを、私の母は身をもってわかってくれたのだと思います。

 

そしてモラ夫の親。

私は姑に相談しました。

はっきり言いました。

「暴言が酷い。別居したいくらい辛い。」と。

 

でも結果は…100対0で、息子を擁護。

それどころか私を産後うつ扱いする始末でした。

私は頭を抱えました。

 

恐るべきモラハラ夫の母親の生態についてはこちらに詳しくまとめてありますので、よろしければご覧ください。

参考記事

義母の実態!
うちの義母は…モラハラ夫を作り出す母親の3つの特徴とは?

モラハラが幼少期の家庭環境や遺伝に起因するのは、 おおむね間 ...

続きを見る

 

モラハラを気づかせる② 有名人やテレビの力を借りる

親でも無理。それならあとは誰か。

モラハラ人間はきっと、“自分より立場が上”と考える人間の話なら聞くと思いました。

そして私が思いついたのは…

坂上忍さんです。(笑)

 

別に知り合いでもなんでもありません。

でも、当時、私本気で思っていたんです。

モラハラ夫が好きな芸能人に、絶対入ってませんか?坂上忍さんて。

あと、ヒロミさんとかホリエモンとか(笑)

なんかああいう、ブレない、信念持った成功者みたいな人が好きで。

自分とは、まるで違うというのに。

 

番組に応募して、ああいう人たちに、「奥さんが苦しんでるよ。アンタ、おかしいよ。」

そう、ズバリと言ってもらえたら、この怪獣も変わるかもしれない。

本気でそう思いました。

 

そして、思いつめたように、番組やテレビ局の事を一生懸命調べました。

そして、相談フォームにメールも送りました。

それはもう、藁にもすがる思いで。

でも今現在のところそういう番組の取り扱いがないという、無機質なお返事をいただき、計画はあっけなく終焉したのでした。

 

モラハラを気づかせる③ チェックリストやカウンセリング

あと、思いついたのは、

「ネットのモラハラのチェックリストに当てはまるところがあったから、一度カウンセリングを受けてみない?」

という提案です。

 

私が言ってるんじゃなくて、ネットに出てたチェックリストに当てはまったんだよ。

だから、違うっていう証明のためでもいいから、クリニックに行ってみない?一緒に行くから。

 

ああ言えばこう言うモラハラ夫に、のらりくらりとかわされぬよう、いろんな言い方を考えたりして。

クリニックでそういう診断を受ければ、専門家が面と向かって言ってくれれば、それはもう、この怪獣にも効くであろう。

有無を言えないはずだ、そう思いました。 

 

でもなぜか…躊躇われたんです。

モラハラ夫に、お前はモラハラ人間だ、と突きつける事。

“モラハラ”という用語を出す事は、なにか、最終手段のようにも思えました。

 

それでもしも、違ったら?

クリニックの診断で、きちんと、モラハラ人間の烙印を押してもらえなかったら?

「それ見たことか!!恥をかかせやがって。おかしいのはお前の方だ!!」

そんな夫の顔が容易に想像できたのです。

 

そもそも、クリニックに一緒に行く前に、

「俺を精神病扱いするのか!!」

そうキレ散らかすパターンも想像できまた。

 

だから、実行する前にネットで検索しました。

そうすると、

「モラハラ人間に“お前はモラハラだ”と言ってはいけない!」

というワードが出てきました。それもたくさん。

 

そこで、モラハラは、自己愛性パーソナリティ障害の可能性があることを知りました。

参考記事

エゴの塊!
『モラハラ夫と発達障害』の関係とは?その驚くべき実態に迫る!

関係あると思いますか? モラハラの猛威を振るうわが夫と、発達 ...

続きを見る

 

自己愛性パーソナリティ障害の闇

モラハラは多くの場合、自己愛性パーソナリティ障害を抱えており、その人間に対してそれを突きつけるとは、

逆上したりするので、逆に危険

であるというのです。

 

自己愛性パーソナリティ障害の人達は、簡単に言えば、“自分が悪い”という感情を持ってません。

自己を愛し、自己こそ正しい、そう思っているから。

 

そしてその愛すべき自己は、周りにも愛されるべきであり、いちゃもんをつけてくる奴は絶対許さない。

という風になる。

そしてその感情は、そうそう簡単には揺るぎません。

 

心の底から、真剣に純粋に、

「俺は特別な人間だ。俺と、俺が尊敬する人以外の周りの人間はみな愚か者だ。」

そう思っているのです。

 

だから、自己愛の人に、自己愛だと気がつかせる事、これは、至難中の至難の業なのです。

自己愛性パーソナリティ障害について知れば知るほど、“モラハラ夫にモラハラを気づかせる”事、それは、ほぼ無理だし、やめたほうがいい。

私はそういう結論に達しました。

 

それは、日々の夫の姿を見ればわかる事でした。

何をどう言っても伝わらない。あの異様な姿、それが全てなんだと。

 

もし仮に、病院の先生に、「あなたは自己愛性パーソナリティ障害です。」そう言ってもらったとしましょう。

でも、彼らが言う言葉は決まっています。

きっとこう言うでしょう。「あのやぶ医者!」と。

 

まとめ

私は、モラハラが原因でパニック障害を患ったとき、医師から、原因は夫にあるのではないかと言われました。

関連記事モラハラ夫のせいでパニック障害になった私の体験といま!

 

その時、恐る恐る夫にそのことを伝えました。

 

「あなたの暴言が原因かもしれないから、もう少し優しくしてもらいたい…。」

モラハラに気がつかせる、いいチャンスだと思いました。

すると夫は、

 

「病んじゃってるんだ?(笑)」

と、そんな私を鼻で笑いました。

 

これが、真っ当な夫だったらどうでしょうか?

自分が原因で妻が精神疾患を患ってしまったとしたら、平静では居られないと思います。

最悪、そんな風に言われてムッとするくらいでしょう。

お前もちょっとは悪いだろ、みたいな感じで。

 

でも、鼻で笑ったんですよ?

謝ることもなければ、その病気の詳細について尋ねることもありませんでした。

モラハラ人間は、そういう人間です。

結論。残念ながら、モラハラに気がつかせる術はありません。

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
***M***

***M***

私は子供つれてモラハラ夫の元から逃げ出しました。子供との穏やかな毎日はとても幸せです。モラハラの苦しみ・辛さ痛いほどわかります。私の実体験を知っていただくことで、同じように苦しんでおられる方のお力になれれば幸いです。お気軽にコメントください!お待ちしています。すぐにお返しできないこともありますが、必ず返信いたします。

-3. モラハラとの闘い
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2020 All Rights Reserved.