【期間限定 !】

【最新の投稿!】

3. モラハラとの闘い モラオ研究

実録!モラハラ夫が放つ驚愕の「人格否定発言」どう思います?

投稿日:

モラハラ夫たちから浴びせられる、暴言の数々。

 

これまで、あなたはどんなことを言われて来たでしょうか。

モラハラ夫から言われて、苦しかった、辛かった事を伺ってみると、人格否定という言葉が多く出て来ます。

あります、わたしも。

元モラハラ夫から、人格を否定される発言をされた事。

あなたも、ありますか??

 

今ここで思い返してみても、いい気持ちはしないかもしれませんが、皆さんとここで共有していく事で、

自分だけじゃない

同じ苦しみを味わってる人がいるんだ

そういう気持ちになっていただければ幸いです。

モラハラと人格否定について、確認していきましょう。

 

そもそも、人格否定とは

ではまず、そもそもの意味を確認していきましょう。

「人格否定」とは、その人の人格を否定する事です。

 

その人の人格とは、その人の人生や、生い立ちや、性格、その人そのもののことを言います。

それらを否定するということです。

 

モラハラ夫たちは、いとも簡単に、人格否定をして来ますよね。

そんなことしたら、普通、胸が痛みます。

あー、なんて酷いこと言っちゃったんだろう、私。

言いすぎちゃった。傷つけちゃった。

そういう気持ちが生まれるものです。

 

例えば、

「あなたって本当にダメ人間よね。」

とか、

「やっぱり育ちが悪いのね、あなたって。」

とか、

「あなた、病んでるんじゃない?大丈夫?」

とか、そういう発言です。

 

相手をどこまでも見下して、馬鹿にして、侮辱している、最悪な発言です。

だけど、モラハラ人間は、相手にそんなこと言っても、ぜんぜん平気。

1ミリも心を痛めていないし、これっぽっちも反省などしません。

 

これは、モラハラ夫の育った環境に原因があります。

 

強烈な自己愛で、自分以外の人のことを、みんな見下しているのです。

モラハラ夫にとって、妻や家族は特にその対象に入ります。

最愛の家族や妻を愛せず、敬えない、それどころか、人格を否定する言葉を繰り返して苦しめる、

本当に最低な人間です。

モラハラ人間がそのように育ってしまった環境や、原因については、こちらの記事で確認することができます。

ご覧になってみてくださいね。

 

参考記事

うちの義母は…モラハラ夫を作り出す母親の3つの特徴とは?

モラハラが幼少期の家庭環境や遺伝に起因するのは、 おおむね間 ...

続きを見る

 

実際に受けた人格否定の数々

これまでに私自身が言われた人格否定発言や、ご相談いただく中で伺った発言などをまとめてみます。

このような発言があれば、

明らかな人格否定モラハラ言動と言えます。

一緒に確認していきましょう。

 

「おまえ、本当に何にもできないんだな。そんなんでどうすんの?これから先。2人も3人も子供欲しいみたいなこと言ってっけど、そんな事本当にできると思ってんの?」

これは、私が実際言われた言葉です。

これは、生まれたばかりの子供の育児について、モラ夫に協力を要請したときに言われた言葉です。

 

協力といっても、あれしてこれしてと言ったわけではなく、生まれたばかりの子供のお世話で手一杯だった時、モラハラ夫に、

「最近家事が行き届いていない」と言われ、その時に、

「出来ないことも多いけど頑張るから、すこし手を貸して欲しい」とお願いした時でした。

 

モラ夫は、私がまるで何も出来ない母親であって、そんな母親の子供はかわいそう。そういう意味合いで、

ゴミでもみるように私を見て、そう言いました。

 

モラ夫は、育児なんてこれっぽっちも手伝わず、私はひとりで、必死に子育てしていたのに、それを認めるどころか、蔑むようなことを言われ、とにかく悔しくてたまりませんでした。

子供のことに触れ、この手の発言をするモラハラ夫は多いと思います。

 

私たち母親は、そこを突かれたら、とてつもなく苦しい。

モラハラ人間は、そう知っていて、あえて言ってるのかも知れませんね。

 

 

「誰のおかげで飯食ってると思ってんだよ。テメェは俺のいう通りにしてればいいんだよ。口答えしてんじゃねえよ。何様のつもりなんだよ。悔しかったら金稼いでこいよ。テメェの体でも使ってよ。」

あー、もう、見るからに汚い言葉ですね。

人格否定発言であり、暴言であり、罵詈雑言です。

この発言は、ご相談いただいた中にもありましたし、私も言われたことがあります。

 

お金に関して、モラハラ人間は基本的に物凄い執着心を持っていますが、

それに加えて、女性蔑視とも取れる発言をしています。

こういう事を自分の妻に向かって言うんだから驚きです。

もしもこんな台詞いってるところを録音できたら、精神的暴力を受けていたという立派な証拠のひとつとなりますね。

 

 

「おまえ、おかしいよ。間違ってるよ。ねぇ?自分がおかしいってわからないの?常識とかないの?病気なの?頭おかしいの?ほんとかわいそうなヤツだね、おまえって。」

これは、とにかく妻を痛めつけるだけの発言ですね。

そして、精神病扱い。

モラハラ人間は異常な精神の持ち主なので、本心からこういう言葉を発言しているのが、怖いところです。

悔し紛れに、とか、負け惜しみで、とか、こういう風にいってるわけではないんですよね。

 

物事を自分の物差しでしか測れないモラハラ人間は、自分の考えにそぐわなければ、

自分の物差しに当てはまらなければ、ぜんぶ、オカシイヤツ扱い。

それを、あまりにも酷い言い方で、侮辱するように言ってくるから、受ける側は本当に悔しくて、辛くなってしまうんですよね。

 

人格否定を受け続けると

人格否定され続けると、いったいどうなってしまうのでしょうか。

モラハラ夫から人格を否定され続けると、あなたに、

 

間違いなくダメージをもたらします。

 

どんなダメージかと言えば、それは、

うつ病やパニック障害などの精神疾患などを巻き起こしたりするだけでなく、

そのストレスによって、

あなた自身もイライラしてしまったり、倦怠感や無力感、脱力感を慢性的に感じてしまうようになったりしてしまいます。

 

私自身は、モラハラ夫が原因で、パニック障害を患いました。

思いもよらない形で、心の病は襲って来ました。

詳しく書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。

 

参考記事

モラハラ夫のせいでパニック障害になった私の体験といま!

モラハラが原因でパニック障害を患ってしまう方は少なくありませ ...

続きを見る

 

 

そして、私自身、認めたくないし、すごく嫌だったし、苦しかったのが、

イライラする気持ちです。

モラハラ夫から苦しめられている時、私はなんだか、自分自身、すごくイライラしやすく、怒りっぽいなぁと感じることがありました。

それは、小さな子供に対してでした。

 

昔の自分は、こんなに怒りっぽい性格だったかな?こんなことで怒るなんて、私どうしちゃったんだろう。

幼い子供相手に、すぐにイライラして、怒り出してしまった時、そんな焦るような気持ちを感じました。

モラハラを受けた時、夫に対して、物凄い大きな声で言い返したこともありました。

私、どうにかなっちゃったんだ。

明らかに、モラハラ による悪影響を受けている。

このままじゃダメだ。

私までおかしくなってしまう。

そう思いました。

 

モラハラの被害はこのように、被害者を苦しめていきます。

ひいては同じようなモラハラ人間を生み出してしまう、そんな恐ろしい結果にもなりかねません。

 

人格否定は、最低の行為です。

もう、自分の夫から人格否定を受け続けるなんて、そんな生活からは抜け出しましょう。

あなたや、お子さんが、被害にあって、取り返しがつかなくなる前に。

 

まとめ

繰り返しますが、人格否定は最低の行為です。

誰に対しても、してはいけない行為ですが、それを、自分の一番大切な人に向かって、平気でやる。

それが、血も涙もない、モラハラ人間です。

もう、そんな相手と一緒に生きていくのはやめましょう。

あなたの、一度きりの人生です。

あなたが、あなたらしく、穏やかに暮らしていける道を歩みましょう。

 

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
***M***

***M***

私は子供つれてモラハラ夫の元から逃げ出しました。子供との穏やかな毎日はとても幸せです。モラハラの苦しみ・辛さ痛いほどわかります。私の実体験を知っていただくことで、同じように苦しんでおられる方のお力になれれば幸いです。お気軽にコメントください!お待ちしています。すぐにお返しできないこともありますが、必ず返信いたします。

-3. モラハラとの闘い, モラオ研究
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2020 All Rights Reserved.