【期間限定 !】

【最新の投稿!】

3. モラハラとの闘い

「話し合い」にならない話好きなモラハラ夫。その対処法は?

更新日:

「話し合い」とは、

・語り合う

・互いに話す

・お互いの考えを話す

とか、そう言う意味です。

辞書で引くと、引用方法として、

・とことん話し合う

・楽しく語り合う(話し合う)

そんな風にでてきます。

話し合いってこう言う意味です。

お互いに話すんです。

自分の思いや、考えや意見を相手に伝えて、自分もしっかり、相手の話を聞く。

それが話し合いです。

 

でも、それが出来ない人もとっても多いですよね。

私自身、今夜は夫と対峙して、今日こそ、今度こそは、この思いを伝えるぞ!

そうやって何度も、モラ夫に挑んできました。

でも、彼等の言う話し合いは、違います。

話し合いではないんです。

彼等は、完全に履き違えている。

彼等の場合は、言うなればスピーチや演説、押し売り、圧力、強迫。

とにかく、自分の考えを相手に押し付けるだけです。

そしてこちらの話は聞かない。

そしてそう言う考えを持つ自分こそ真人間だと思っている。

だから、何をどう言っても、こちらの考えは伝わりません。

彼等には、相手の考えを聞き、受け入れるという機能がないんです。

そんな人間とは、どうやって付き合えばいいんでしょうかね。

 

モラハラ夫に伝わらない思い

本当にこれなんですよ、もう。

言葉にできない思いが、悶々してるんですよ。

遠の昔のことだというのに、思い出しただけで怒りがこみ上げてしまいます。

何かを言っても、また同じ。

 

このモヤモヤを伝えようにも、また訳わかんない演説を聞かされるだけ。

どっからどう見たって、誰が見たって、モラ夫がおかしいのに、

それなのに、あなたは間違えていると伝える事もできない。

 

じゃあ、もう、わかった。

もう謝らなくてもいいし、責めもしない。

でも、あなたの考え方ってやっぱりおかしいと思うの。

逆の立場だったら、どう思う?嫌な気持ちにならない?

そんな風に、諭すように伝えた事もありました。

でも、それもダメ。

 

そんな風に言った日には、

「上から目線で喋るな。」

とか、

「勝ち誇ったような顔しやがって!」

とか言われるだけ。

 

人と人との関わり合いについて、

勝ちとか負けとか、上とか下とか…そういう風にしか見ていないんです。

心の底から、わかり合いたいと思い、あらゆる言葉を尽くしても、伝わらない思い。

本当に悲しくなります。

 

夫婦ってもっと、お互いを思いあったり、支えあったり、

相手の知らないところで相手をフォローしたり、

相手の笑顔を見たら、キュンとしたり、そういうものじゃないんですか?

これは私の儚い理想でしょうか?

 

伝わらないくせに話し合いが好き

うちの場合なんですが、モラ夫は「話し合い」が大好きでした。

正確には「演説」なんですけどね。

モラ夫はよく、私を呼びつけて、「話がある」と言ってきました。

 

何か家の中で問題が起きたり、面白くなかったり、

私に対してムカついたり、イライラした時にはいつもそうでした。

一度呼び出されると、1時間、2時間、ずっと演説。

別に大したことじゃないんです。

 

ていうか、言いたいことがいつもいつもわからないんですよね。

話しているうちに二転三転するし、正論を返せば逆ギレするし。

でも、まだイライラしてるから、それを鎮めるために、もう全然昔の、

私の失敗談を持ち出して、あの時はこうだったとか言い始めるし。

 

そして私が謝るっていう構図になるまで、ああだこうだって御託を並べる。

それも相当くだらないし、支離滅裂な御託です。

かと言って、形だけ謝まってみたところで、モラ夫の腹の虫が収まってなければ、

「本当にわかってるのかよ!」ってまたキレられたりする。

 

それでこっちが我慢の限界が来て、

「じゃあどうすればいいのよ!」

そんな風に少しでも大きな声を出してしまったら、

「何怒っちゃってんの?」

と人をヒステリー扱いする。

 

そして、もう戦意を喪失して、こちらが黙ってると、

「今度は無視かよ!」と突っかかってくる……。

 

書いているだけでも疲れてしまいました。

お分かりでしょうか?

いつもいつも、モラ夫相手に、こんな感じのこと、繰り広げていませんか?

もう、うんざりですよね!

 

このように、こちらが、どんな手立てにでようとも、どう接しようとも、

どんな言葉をかけようとも、モラハラ人間との話し合いは成立しません。一生!!

 

まだ夫と分かり合おうとしていた頃、夫との話し合いに臨む時、

私は、誠心誠意、精魂込めて、とことん向き合って来ました。

でも、そのエネルギーは全て無駄になってしまいました。

 

これまでのトータルで、何キロカロリー消費してるかわかりませんが、

その頃の自分の熱量とか、情熱とか、想いとか、そういう私の、力一杯の、

一心不乱の熱い思いは、全部、全部、無駄になってしまいました。

 

これから、話し合いの場を持とうとしている方が居たら、声を大にしてお伝えしたい。

残念ながら、モラハラ人間との話し合いは成立しません!

一生、成立しません!

それをここに、宣言させていただきます。

 

まとめ

モラ夫とどう話し合えばいいのか。

どんなに話し合いをしても伝わらない。

そうお悩みの方は、普段からとっても真面目で、いい加減なことができない方なんだと思います。

だから、どうにか相手を理解しようと頑張ってしまう。

私自身もそうでした。

でも、モラ夫相手にはもう頑張らないでください。

真剣に向き合おうとすればするほど、あなたが苦しくなってしまいます。

 

私は、

モラ夫相手に、伝えることをやめ、話し合うことをやめた時、

ふっと心が軽くなったのを覚えています。

伝えようとしすぎて疲れていたんだなって。

 

まずは、夫と思うことをやめる。

そこから始めてみてください。

そして、悲しみも喜びも、何も共有しないんです。

そしたらきっと、心のツカエみたいなものが取れます。

そしてフラットな心で、今後のことを考えられると思います。

騙されたと思って、一度、試してみてください。

応援しています!

闘わない!
モラハラ夫の最大の弱点とは?嫌がらせの効果的な封じ込め方!

ギャフンと言わせたい、憎っくきモラハラ夫。   大 ...

続きを見る

 

おすすめ2

忙しくてもサッと読めるように
「モラハラ夫との出会い~闘い~別れ」のショートストーリーを書きました!

TOPページからどうぞ!

  • この記事を書いた人
***M***

***M***

私は子供つれてモラハラ夫の元から逃げ出しました。子供との穏やかな毎日はとても幸せです。モラハラの苦しみ・辛さ痛いほどわかります。私の実体験を知っていただくことで、同じように苦しんでおられる方のお力になれれば幸いです。お気軽にコメントください!お待ちしています。すぐにお返しできないこともありますが、必ず返信いたします。

-3. モラハラとの闘い
-

Copyright© 怪獣モラハラ夫との日々 , 2020 All Rights Reserved.